IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.29

機械仕掛けの神、AIは人間の敵か味方か
IoT時代、「行動する動機」が変わる

BY

 価格決定アルゴリズムが決定した提示料金にドライバーが従うことで、価格が高止まりし(つまりドライバー間での価格カルテルを促し)、ウーバーが不当な余剰利益を得ているのでは、というのが原告団の主張とされる。

 ただし、現行法制では企業や個人に競争制限的行為を行う明確な「合意」があることをカルテルの成立条件としているため、利用データなどをベースにAIが(勝手に)価格調整をした場合には、こうした「合意」の存在を証明することは理論的に不可能ということになる。

 工場の在庫量を最適化するためにAIを使ってサプライチェーン全体を最適化するアパレル製造小売業(SPA)のシステムも、在庫量の調節を目的とした廉価販売(いわゆる)を排除するという点で同様のケースと認定できる。

 いずれにしても「合意」のないものは法律的に取り締まることはできない。

自動運転車の事故が示唆する「人間とAIのやりとりの未熟さ」

 IoT時代の「行動する動機」という側面では、企業の経済活動にまつわるものだけではなく、人間とAIの安全や安心に関する認識や判断にも大きな影を落とす。

 これについても、ウーバーの自動運転車が米アリゾナ州での試験運転中に起こした横転事故が注目される(参考:www.jiji.com/jc/article?k=2017032600205)。

 事故を起こしたのはスウェーデンのボルボ・カーズ(以下、ボルボ)と共同開発したSUVだ。試験運転中のウーバーの車両に過失はなく、高速道路上で事故を起こした相手の運転手(人間)が道を譲らなかったのが原因とされる。

 ウーバーは「自動運転モード使用中に起こった事故だが、客は乗っていなかった」というコメントを発表した。

 しかし、安全で安心な自動運転の実現に向けて、生身の人間とAIのアルゴリズムで動く自動運転車とのやり取りは大きな課題であろう。

 実はウーバーは昨年、カリフォルニア州でも同じボルボのSUVの自動運転車を使った試験的なサービスを始めていた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。