IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.04.17

IoT時代のプライバシー、どうやって保護するべき?
IoTの健全な発展は適正に「規制」してこそ

BY

 今回の改正で、匿名加工情報ならば企業は本人の同意を得ずにマーケティング活動などに生かすことが可能になりました。これは、ビッグデータビジネスを展開する企業にとってはありがたいんですよね。

 ただし、アメリカの一流技術者が指摘しているように、今日、名前や住所などを消して匿名化しても、明日、別の情報をマッチングすれば「この人だ」と分かってしまうかもしれない。今日、匿名加工しても、明日、特定の個人が識別できてしまうおそれがあるわけです。消費者は、その再識別化のリスクを認識しておく必要があります。企業にとってもそれはリスクと言うことができます。収集した匿名加工情報を再識別化したら世の中から大きな非難を浴びるからです。

「なんとなく不安」を可視化する

──本格的なICT社会、IoT時代の到来に向けてどのような対策が必要でしょうか。

宮下 私は基本的にはICT社会の到来は歓迎すべきだというスタンスです。経済成長にもつながりますし、人々の生活も豊かにします。ただし、現状では多くの日本人が「なんとなくプライバシーが不安だ」と感じています。そして、その不安の正体や具体的な中身が分からないため、ときには過剰な反応をしてしまいます。

 実際に、2005年4月に個人情報保護法が全面施行されたとき、それを境に同窓会名簿や町内会名簿が一斉になくなりました。病院では家族が駆けつけても面会させないとか、「個人情報」と言えば何でも保護するという過剰反応が起きたんですね。

 しかし、消費者が「なんとなく不安」だからといって過剰に反応していたら、企業活動の足かせになって自由にICT技術が使えなくなります。

 だから、まずは「なんとなく」の中身をできるだけ理論的に可視化することが必要です。つまり、何がプライバシーや個人情報保護にとって問題なのか、なぜ問題なのかをしっかりと議論し、規制することで、初めてICT技術とプライバシーが両立して「Win=Win」の関係を築けるのではないでしょうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、IoTスマートメーター「特定データ収集サービス」を提供開始
京セラ、LPWAと「AWS IoT 1-Click」対応「LTE-Mボタン」を製品化
GoogleがAndroid Things向けにCloud IoT Core Clientライブラリをリリース
工場の現場に定着するIoTを展開--平田機工とIIJが「Cognitive Factory」発表
“ダッシュボタン”作れるデバイス、ソラコムが発売 省電力「LTE-M」を利用
カーシェアリングのビジネスは持続可能か? トヨタや日産の動きは
FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション(ニュース)
複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を(山本拓真の「介護にイノベーションを巻き起こせ」)
20年以上の歴史から、勤怠クラウド対応ICカードリーダー打刻端末 - セイコーソリューションズ
IoT人気記事ランキング|『DeepLearning BOX』ではじめるディープラーニング①Windows 10で「TensorFlow」と「CNTK」を使ってみる、など[6/25-7/01]
AI&IoT時代の開発ソリューション最前線 ~「エッジテクノロジー」に着目した組込み・IoT総合技術展、7/5-6大阪で開催
スカイディスクと九州大学、IoT/AIセキュアクラウドプラットフォームの共同研究を開始
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
ソフトバンク、宇治市でIoTを活用して路面情報を検知する実証実験
IoTの大衆化を目指すSensorCorpus ー新機能発表会レポート
handy Japan、ソフトバンクと資本提携 - ホテルのIoT活用で業務提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。