IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.30

IoTが小売業を変える!顧客を逃がさない店の作り方
~データ統合がカギ、インテルが描く次世代の店舗とは~

BY

小売業が抱える3つの課題

 では、小売業は何をしなければならないのか。佐藤氏は3つの課題を挙げる。

 第1に、顧客とのエンゲージメントを高めることである。

 AmazonなどのEコマースサイトに比べ、実店舗では顧客の購入体験がパーソナライズされておらず、顧客別の対応ができていない。そのため顧客は双方の体験に差を感じてきている。どれだけオンラインのように顧客別の対応ができるかが実店舗の課題になっているのだ。

 第2に“人的資本”の管理を最適化することだ。

「店員がなかなか来てくれない」「長い列に待たされる」「向こうには手の空いているスタッフがいるのに・・・」など店舗で不満を感じたことがある方もいるだろう。「場所ごとに必要なスタッフをリアルタイムに把握して、最適に配置する店舗を作ることが求められています」(佐藤氏)。

 第3に、在庫精度を高めることである。

 小売業の中には商品の位置情報を収集しているところもある。しかし、それらは「工場から出荷」「トラックで運送中」「現在、どの店舗にあるか」を示すほどの精度に過ぎない。今後は「色やサイズは?」「同じ店舗のどこにあるのか、バックヤードか、どの棚の何番目?」などまで把握できる精度が求められてくる。

リテールテック インテルブース
(リーバイス社の在庫管理の事例を紹介している)

複数のデータを統合して活用する

 インテルは、POS、商品管理システムなどへのICチップやプラットフォームの提供を通して、小売業の効率化や経営改善に寄与してきた。そうして蓄えられた知見を基に、インテルでは小売業を変革するソリューションとして以下の3つを提示する。

(1)既存のシステム、複数のデータを統合する

「ほとんどの店舗にはすでになんらかのシステムが入っています。ただしシステムの用途は様々で、導入時期やメーカーの種類なども店舗により異なります。それらを統合し、一元化することで、店舗のあらゆる角度からの情報を入手できるようになります」

 インテルでは、「インテル・レスポンシブ・リテール・プラットフォーム(RRP)」というシステムプラットフォームによって、商品、顧客、労務管理、プロモーションなどに関するさまざまな情報を統合、連携して活用することを提案している。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始
実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders
2019年に本格化が予想されるIoT活用
パナソニック、IoT電動アシスト自転車の実証実験--スマホで開錠、GPSで追尾
コニカミノルタ、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders
内訳まで詳解、なぜPoCから本格導入されたのは「たった4%」だったのか
IoT時代の無線化オフィス――最新技術でトラブル解決、パフォーマンス向上
東京建物ら3社、スマートビルディング実現に向けIoT活用環境整備を推進
Sigfoxで物流コストを削減、KCCSとホシデンが実証実験
IBC、IoTセキュリティ基盤「kusabi」の実証実験を支援するサービス
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第10回)メッシュ対応で最大300kbpsの「Wi-SUN HAN」【ネット新技術】
スマートビール:従来のビール醸造がインダストリー4.0に出会う時
「ライオンズ蒲田レジデンス」にスマートロック、AI管理人を導入--AI、IoTマンション販売開始へ
IoT技術でデータセンター管理を効率化――、シュナイダーエレクトリックの「EcoStruxure」
コンシューマが5Gに求める用途とは? 改めて考える5Gの意味:本田雅一のウィークリー5Gサマリー
Rancher Labsがエッジ,IoT,電話プラットフォーム用の軽量Kubernetesディストリビューション"k3s"をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。