コーディネーターは言わば、その道何十年というプロフェッショナルで、顧客のことも、生産者のことも熟知しており、その経験を持って双方を結びつけています。

 こうした役割を、日本では伝統的に商社が担ってきましたが、商社のような規模では、細かい部分までをカバーしきれません。また、商社の場合は、担当者が数年で異動することもあります。

 デザイナーの意見を聞く、顧客の意見も聞く、それらをさらに生産者に伝える、新しいニット素材を採用してくれそうなデザイナーを探して呼んでくる。それがコーディネーターの役割です。

 ですから、コーディネーターの意義を考えるとやはり、何十年という経験が蓄積されており、顧客や生産者に顔をよく知られているということは、非常に重要なファンクションなのです。カルピにはそのようなコーディネーターがしっかりと根を張っているということです。

 ただ、価格競争の波が押し寄せる中で、カルピでも生産拠点の国外移転などが進んでおり、カルピのニットおよびアパレル製品のうち「100% Made in Italy」である割合は現状では40%ほどです。

 そして、カルピの中で縫製工程を担う企業は、ほぼすべてが中国人経営だと言われています。そのような流れの中で、今後コーディネーターの役割は少しずつ変容していくことでしょう。

(次回へ続く)

※本連載は大前研一さんの著作『大前研一ビジネスジャーナルNo.11』より日本の「地方創生」の課題について解説したものです。

大前研一ビジネスジャーナル No.11(日本の地方は世界を見よ! イタリア&世界に学ぶ地方創生)
¥1500

大前研一が主宰する経営勉強会の講義内容を読みやすい書籍版として再編集しています。「これからの経営」に役立つグローバルビジネスのキートピック「地方創生」をテーマに収録。日本と世界のビジネスを一歩深く知り、考えるためのビジネスジャーナルです。

◎こちらもおススメ!
電力自由化8兆円市場の可能性
ソフトバンク首席エヴァンジェリスト中山五輪男「AI×働く」のすぐそこにある未来
CSRデジタルコミュニケーション入門
もっと障害者が生きやすい社会に!IoT/AIで実現する「インクルーシヴ社会」

◎本記事は「編集者が目利きする読み物サイトbiblion」の提供で配信しています。biblion では「ビジネス」「社会」「教育」「働き方」といったジャンルでしっかり読める記事を書籍編集者がお届けします。