IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.17

自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」
IoT時代、「移動する体験からライフスタイル」が変わる

BY

AIがもたらす真の破壊的イノベーション

 ここで想像力を大きく働かせなければならないことは、AIが自動運転車という閉じた空間だけで人間をアシストするのではない、ということではないだろうか。

 今回のCESで、NVIDIA以外に基調講演(キーノート)に加わって注目されたもうひとつの企業に、米アンダーアーマー社がある。

 CEOのケビン・プランクは「自社のスポーツウエアやシューズにセンサーチップを搭載し、それらから得られたライフログ(お客さまの生体データ)をAIと連携させることによって、フィットネスとウエルネスの総合サービスを提供する企業へ進化する」という趣旨のプレゼンテーションを行った。

 また、今年のCESでも自動車関連以外のさまざまな企業のブースで登場頻度の高かったアマゾンの「Alexa(アレクサ)」のデモビデオには、お客さまのライフスタイルの断片が描かれる。AIは生身の人間のように「身近にいて愛着を感じる存在」として描かれていることに留意していただきたい。

参考:Introducing Echo Dot

 優れたAIはショッピング、コミュニケーション、エンタテインメント・・・たった1台で(それを1台と呼ぶのがふさわしいかどうか疑問だが)人々のライフスタイルの全てを変える。

 つまり、ある程度、AIが成熟した段階では、自動運転車のAI、ウエルネスのAI、ショッピングのAIというのが別々に存在すると考えるよりは、単一のAIが擬人化されたエージェントのような形でひとりのお客さまのライフスタイルにずっと寄り添い、人生のあらゆる局面をアシストする状態をイメージする方が自然であろう。

 別の表現で言えば、自動車での移動の中から始まる体験が、やがてライフスタイル全体を覆い尽くすようになる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

京セラコミュニケーションシステム、IoTネットワーク「Sigfox」の下りサービスを提供開始
NEC、IoTシステムを構成するエッジやデバイスを守るソフトウェア群を提供開始
IoTのパナソニックとTVのシャープ、両社に見るCEATECのゆくえ
NTTコム、「eSIM実験」の狙い――グローバルIoTビジネスでの差別化策となるか?
2017年のIoT市場規模は4,850億円、2020年には1兆3,800億円へと急拡大――ITR予測
IoTでリハビリの進捗を計測--Moffら、病院向け「モフ測」の実証実験へ
吉野家が実証実験に参加、AIやIoT技術を活用した睡眠解析プラットフォームβ版が開始
AI/IoTで農作物の育成を管理、収穫時期や収穫量の予測も--ヤンマーらがテストベッド
トレンドマイクロ、IoT機器にセキュリティ機能を追加する開発キットを提供(ニュース)
オプティム、AI・IoT・ビッグデータを農業に活用する「OPTiM スマート農業ソリューション」を発表
AIとIoT技術活用の睡眠改善プラットフォーム、吉野家で実証
横河電機など、工場でEMS実証実験--AIやIoTでエネルギーと稼働を効率化
セールスフォース、「IoT Explorer Edition」発表--IoTデータの活用促す
インフォテリアとぷらっとホーム、IoT分野で連携
AIスピーカーの発売とともに、「暮らしのIoT市場」が始動【iNTERNET magazine Reboot】
ソラコムのIoT向けネットワークを活用、19社の製品やサービスが集結(ITpro EXPO 2017速報)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。