IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.17

自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」
IoT時代、「移動する体験からライフスタイル」が変わる

BY

自動運転車とAIの関係

 それでは、自動運転車とAIの関係はどんなものなのだろうか。AIが自動運転車に提供する機能的な価値として重要なものには2タイプあると考えられている。

 ひとつ目は「人間の代行として認知・判断・操作を司る機能」、そして、ふたつ目は「人間の思考や行動をアシストするHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)としての機能」である。

 前者については、平たく言えば自動車の運転を人間に代行して行う機能であるが、「自動運転化5つのレベル」を中心にウエブ記事や新聞紙上などですでに多くが語られているので、今回は割愛する。

 今年のCESでフィーチャーされたのは、後者の機能、すなわちAIが人間との対話(自然言語)によって自動車の運転に関する機械的な操作を行ったり、人間に心理的な不安を与えないようなメッセージを発信したりする、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)としての機能である。

 トヨタ自動車の「Concept-愛i」に搭載されている「Yui」、ホンダのEVコミューター「NeuV(ニューヴィー)」に搭載されているソフトバンクとの提携によるAI、日産自動車によるマイクロソフトのAI「Cortana」への対応など、日本の自動車メーカーの取り組みが注目されたと言える。

 昨年のCESでフォルクスワーゲンがコンセプトカー「eBuddy」で行った人間とAIとの対話型のデモ、同じく昨年に発表されたフォードによるアマゾンのAIアシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」対応などと考えあわせると、人間とAIとのインターフェイスとしてはボタン操作やジェスチャーではなくて、自然な会話による音声コマンドになっていくことはほぼ間違いがないだろう。

 これらは、先述したNVIDIAのBB8のデモ映像自動運転車に搭載されるAIのHMIとしての機能を随所に表している。しかもそれは遠い未来の話ではないのである。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

ソリトン、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化
着実に進むおもちゃのIoT化、子ども向けだけでなく大人向けも【俺たちのIoT】
リアルタイムに物流貨物を追跡可視化するIoTユニット - ソリトンシステムズ
水田の水管理コストを半分に--静岡県でIoTの大規模実験
博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ
IIJ、水田の水管理コストをIoTで50%削減する実証実験 | IT Leaders
SIGFOXやLoRaWANに「耐移動性」はあるか?
【特別対談】IoT時代に求められる“見なくてもいい”BIツールとは -ウイングアーク1st MotionBoard [PR]
IoTの効果を高める「エッジ」とは何か
マイクロソフトの「Azure」や「Kinect」を使った未来のスーパー--写真で見る
デジタルネイティブ世代の学生たちが考えるIoT製品がおもしろスゴイ
「スイッチは使わなくなった」--引っ越して半年の住民が話すIoTスマートハウスの住み心地
AWSのクラウド機能をローカルデバイスに拡張する「AWS Greengrass」、IoT向けサービスを正式ローンチへ
LPWAへの投資は「セルラーM2Mを優先」 u-blox
AIや機械学習がIoTセキュリティにもたらす新たな可能性--活用するための5つのステップ
ウチヤマHD、九大など、IoTを活用した介護・看護職員の行動認識実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。