IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.17

自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」
IoT時代、「移動する体験からライフスタイル」が変わる

BY

自動運転車とAIの関係

 それでは、自動運転車とAIの関係はどんなものなのだろうか。AIが自動運転車に提供する機能的な価値として重要なものには2タイプあると考えられている。

 ひとつ目は「人間の代行として認知・判断・操作を司る機能」、そして、ふたつ目は「人間の思考や行動をアシストするHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)としての機能」である。

 前者については、平たく言えば自動車の運転を人間に代行して行う機能であるが、「自動運転化5つのレベル」を中心にウエブ記事や新聞紙上などですでに多くが語られているので、今回は割愛する。

 今年のCESでフィーチャーされたのは、後者の機能、すなわちAIが人間との対話(自然言語)によって自動車の運転に関する機械的な操作を行ったり、人間に心理的な不安を与えないようなメッセージを発信したりする、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)としての機能である。

 トヨタ自動車の「Concept-愛i」に搭載されている「Yui」、ホンダのEVコミューター「NeuV(ニューヴィー)」に搭載されているソフトバンクとの提携によるAI、日産自動車によるマイクロソフトのAI「Cortana」への対応など、日本の自動車メーカーの取り組みが注目されたと言える。

 昨年のCESでフォルクスワーゲンがコンセプトカー「eBuddy」で行った人間とAIとの対話型のデモ、同じく昨年に発表されたフォードによるアマゾンのAIアシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」対応などと考えあわせると、人間とAIとのインターフェイスとしてはボタン操作やジェスチャーではなくて、自然な会話による音声コマンドになっていくことはほぼ間違いがないだろう。

 これらは、先述したNVIDIAのBB8のデモ映像自動運転車に搭載されるAIのHMIとしての機能を随所に表している。しかもそれは遠い未来の話ではないのである。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTドコモ、1次産業向けにAIを活用したIoTサービスを提供 | IT Leaders
ソフトバンク、NB-IoTなど搭載のガスメーター向け通信ボードを開発
ドコモが農業・漁業向けに新IoTソリューション、AIで栽培ノウハウのデータベース化も対応
ソニーモバイル×東電EP、スマートホーム分野でIoTを活用した新サービス
ソフトバンク、LPガスメーター向けIoT通信ボードを開発へ
AIによる対話システム開発のNextreamer、産業革新機構と高知銀行から4.7億円を調達——AI/IoT関連技術の導入支援で、労働力の補填に期待感
シーアールイーとPAL、次世代物流センターの構築へ向け共同開発に着手
IoT人気記事ランキング|エフエム和歌山、AWSの人工知能を用いた自動音声によるニュース放送を開始、アメリカでIoTデバイスのサイバーセキュリティ基準に関する法案が提出など[7/31-8/6]
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストがIoT分野の新サービスで協業 | IT Leaders
東電EPとソニーモバイル、スマートホーム分野でIoT活用の新サービス
サイバーダインとコヴィアが合弁、IoH/IoT分野で通信デバイス事業を展開
管理しているIoTデバイスは正規のもの? 端末の「真正性」を確保する方法とは
アスキー、IoTスタートアップが集結する展示会「IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP」を8月28日開催 
シリコンバレーで最新のIoTに触れるならココ!話題のリテールストア「b8ta」とは?
テック・起業系の賢人たちに影響を与えた傑作SF小説10冊
ウェアラブルIoTで高齢者の自立支援を「科学的」に

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。