IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.17

自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」
IoT時代、「移動する体験からライフスタイル」が変わる

BY

 NVIDIAのプレゼンテーションでは、

・インテリジェントマシン用に特化したAI「Xavier(ザビエル)」搭載の自動運転車「BB8」(著者注:『スターウォーズ』に出てくるボール・ボットの愛称)の動画紹介

参考:AI「Xavier(ザビエル)」搭載の自動運転車「BB8」の動画 

・アウディとの提携による、2020年を目標にしたAI搭載の自動運転車の開発

参考:CES会場でデモ走行が行われていたアウディQ7ベースの自動運転車 

・地図データ提供パートナーとして欧米で圧倒的な勢力を持つHEREに加えて、中国の百度(Baidu)、日本のゼンリンとの提携

などが、これでもかと言わんばかりに発表されたのである。

 著者は、昨年5月に発刊した『IoT時代のエクスペリエンス・デザイン』(ファーストプレス)の中で「IoTという破壊的イノベーションの中で勝者になるには、自前主義を捨てて、積極的なオープンイノベーションを指向すべきである」と書いた。

 すでに表明されていた自動車部品メーカーのボッシュやZFとの提携も含めて、NVIDIAの一連の積極的な攻勢は、業界の垣根を超え、自動運転車とAIの融合で新たに立ち上がる巨大マーケットのルールメーカーとして「勝利の方程式」を地で行っているように映る。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始
KDDI、スマホアプリとホームIoTを活用した睡眠改善活動の実証実験
コネクテッドデバイスから企業インフラまで次々にセキュリティ新施策を発表 - Microsoft
まるで「iPadのオバケ」──最大310インチ・タッチ無制限のデジタルサイネージをKDDIが提供
ヤマザキマザックの製造業向けIoTで技術支援--ネットワンシステムズ
「月額30円から」LoRaWAN IoT通信サービス、センスウェイが提供開始
IoT人気記事ランキング|トヨタ、ドコモ、マイクロソフトが目指す、ヒトもつながる「コネクティッド」の未来など[4/9-4/15]
オープンイノベーションによる協創をスムーズに進めるためのポイント
スマートフォンによってヒトの生活はどう変わったのか、IoT/AI時代のマーケティングを考える
IoT時代のものづくり、強みの「匠」や「三現主義」をどう生かすべきか?
MSYS、IoTサービス向けビーコン「BlueBeaconシリーズ」に新製品
安全運転でポイントがもらえる――スマートドライブがIoT搭載のカーリースサービスを開始
ネットワンシステムズ、ヤマザキマザックの製造業向けIoTソリューションを技術支援
センスウェイ、1デバイス月額30円から使えるIoT向け通信サービス
東京都、自動運転を使ったビジネスモデルを支援---プロジェクト募集中
「月額30円」のLoRaWANが提供開始――人口カバー率60%を来年3月末に目指す

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。