IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.24

世界と同じ土俵に立てない? 1年遅れの日本のAI開発
パワーゲームと化したAI開発で日本の勝機はどこにあるのか

BY

日本語の音声認識AIならば勝機はある

このように現状のAI開発事業は、大量のデータと資金力(大規模なサーバや計算機)を所持している企業や国が優位なパワーゲームと化している。日本がアメリカや中国と同じ土俵で勝負するのは無謀といっても過言ではない。

しかし、総務省は「日本の研究機関や民間企業には、日本語の自然言語処理技術、日本語の文献や類義語辞典などを大量に保有しているため、日本語に関しては海外企業にはない強みを持っているのではないか」と語る。

さらに総務省は「国立研究開発法人『情報通信研究機構(NICT)』が開発した世界最高峰の音声認識、日本語の自然言語処理技術を技術移転し、NTTドコモやトヨタ自動車などの民間企業にも活用してもらうことで、高性能な日本語音声認識機能を持つAI開発を促していく方針」だという。とはいえ、悠長に開発している時間もあまりない。

「アマゾンエコーなどの海外製品が日本のプラットフォームになれば、膨大な日本語のデータが海外企業に収集されることになります。そうなると日本製品は土俵にも上がれなくなる」(前出・中島氏)

日本語に対応したアマゾンエコーやグーグルホームが2017年中には発売されるのでは、と噂されている今、早急に国内企業から高性能な家庭用の音声認識デバイスの登場に期待したい。
 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン
NTTら4社、船舶IoTの次世代プラットフォームに関する実証実験に成功
GPS代替技術「LPWA」でIoT
GMOクラウド、深層学習を用いた高精度コンピュータビジョンを開発
シスコと名大病院が「スマートホスピタル構想」に向けた実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。