IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.24

世界と同じ土俵に立てない? 1年遅れの日本のAI開発
パワーゲームと化したAI開発で日本の勝機はどこにあるのか

BY

日本語の音声認識AIならば勝機はある

このように現状のAI開発事業は、大量のデータと資金力(大規模なサーバや計算機)を所持している企業や国が優位なパワーゲームと化している。日本がアメリカや中国と同じ土俵で勝負するのは無謀といっても過言ではない。

しかし、総務省は「日本の研究機関や民間企業には、日本語の自然言語処理技術、日本語の文献や類義語辞典などを大量に保有しているため、日本語に関しては海外企業にはない強みを持っているのではないか」と語る。

さらに総務省は「国立研究開発法人『情報通信研究機構(NICT)』が開発した世界最高峰の音声認識、日本語の自然言語処理技術を技術移転し、NTTドコモやトヨタ自動車などの民間企業にも活用してもらうことで、高性能な日本語音声認識機能を持つAI開発を促していく方針」だという。とはいえ、悠長に開発している時間もあまりない。

「アマゾンエコーなどの海外製品が日本のプラットフォームになれば、膨大な日本語のデータが海外企業に収集されることになります。そうなると日本製品は土俵にも上がれなくなる」(前出・中島氏)

日本語に対応したアマゾンエコーやグーグルホームが2017年中には発売されるのでは、と噂されている今、早急に国内企業から高性能な家庭用の音声認識デバイスの登場に期待したい。
 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI総合研がアングルフリーな「表情認識AI」を開発、IoTデバイス上でも動作
「感覚器」の代用から「脳」へ、私たちがAIに期待すべきこと —八子知礼×小泉耕二
ドコモらがIoTスマートホーム実証実験で得た「仮説」の中身
IIJ、フルMVNOのIoT/M2M向け低容量プラン「IoT応援パック」
自動車IoTのスマートドライブが17億円を調達--物流に本腰、中国に研究拠点も
スマホで撮るだけでAIがメーター点検する「hakaru.ai byGMO」
MSYS、IoTゲートウェイと各種センサーを組み合わせた「IoTセンサーキット」を販売
自社オフィスをショーケースに、IoT活用でオフィス空間を最適化――Phone AppliとJBATが共同実証
ソフトバンク、徳島県と「とくしまIoTプラットフォーム」を運用開始
isaax、IoTエンジニアを6ヶ月で育成するキットを提供開始
PSIRTとは何か? IoT時代のセキュリティ組織、先行事例にマイクロソフトなど
空調機をIoTハブに「未来のオフィス空間」づくり――ダイキン工業など6社、都内でフィールド実証へ
自宅のIoT化が止まらない! Amazonランキング大賞 2018上半期「Alexa対応デバイス売れ筋Top 10」発表
農業IoTに配線不要の省電力無線カメラを使った画像監視サービス―MOVIMASの取り組み | IT Leaders
【7月の人気記事TOP10】ソフトバンクのNB-IoT記事が1位・2位に
大分県とウミトロン、AI・IoTを活用した水産養殖の「データ経営」実現に向けた取り組みを開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。