IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.24

世界と同じ土俵に立てない? 1年遅れの日本のAI開発
パワーゲームと化したAI開発で日本の勝機はどこにあるのか

BY

日本語の音声認識AIならば勝機はある

このように現状のAI開発事業は、大量のデータと資金力(大規模なサーバや計算機)を所持している企業や国が優位なパワーゲームと化している。日本がアメリカや中国と同じ土俵で勝負するのは無謀といっても過言ではない。

しかし、総務省は「日本の研究機関や民間企業には、日本語の自然言語処理技術、日本語の文献や類義語辞典などを大量に保有しているため、日本語に関しては海外企業にはない強みを持っているのではないか」と語る。

さらに総務省は「国立研究開発法人『情報通信研究機構(NICT)』が開発した世界最高峰の音声認識、日本語の自然言語処理技術を技術移転し、NTTドコモやトヨタ自動車などの民間企業にも活用してもらうことで、高性能な日本語音声認識機能を持つAI開発を促していく方針」だという。とはいえ、悠長に開発している時間もあまりない。

「アマゾンエコーなどの海外製品が日本のプラットフォームになれば、膨大な日本語のデータが海外企業に収集されることになります。そうなると日本製品は土俵にも上がれなくなる」(前出・中島氏)

日本語に対応したアマゾンエコーやグーグルホームが2017年中には発売されるのでは、と噂されている今、早急に国内企業から高性能な家庭用の音声認識デバイスの登場に期待したい。
 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

自宅の家電をスマート化。Amazonランキング大賞2018にみる、最も売れたAlexa対応スマートホームデバイスTOP10
クラウドで爆速開発・機械学習・IoTとAI融合など2019年も注目の技術10大講座まとめ、動画でサクッと学ぶUdemy新春キャンペーンが1月11日17時まで1200円~
IoTのセキュリティ実装の誤りで2年間に90億円の損失事例も--デジサート調査
物流の「ラストマイル戦争」が加速、VWが新しい電動自転車を投入するワケ
日本ハム、「スマート養豚」を開始--豚の健康や発情兆候をAIで判定
ロードバイクの盗難対策デバイスをSigfoxで実現、IoTで愛車を守る「AlterLock」発売【地図と位置情報】
LPWA対応デバイスに関心集まる!――第5回 IoT/AIビジネスカンファレンス 展示レポート
IoT/AI関連半導体市場、2025年に約51兆円
外出先から部屋の戸締まりを確認、賃貸・一人暮らし向けセキュリティシステムに新モデル
Sigfoxでブドウ農園のモニタリング
家庭内のIoTデバイスに向けたセキュリティソリューション、デジオンが提供へ
知識なくても簡単にAI・IoTロボットを作成できるキット発売
実例から理解する「製造業の生産性向上」、IoTやAIをどう活用すべきか
コネクテッドエンタープライズ環境で加速する製造業のデジタル変革――「PTC Forum Japan 2018」
セルラーLPWAが本格開始!――ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略
産業IoTミドルウェア/サービスのアプトポッド、8億円の資金調達 開発加速へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。