IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.23

サイバー攻撃の脅威への対策のほかに企業が注意すべきは?
消費者意識から読み解く、個人データ活用のポイント

BY

生活と密接に関わるIoT機器。さまざまなデータを集積し、我々の生活を便利にしてくれる一方で、“プライバシーを侵害する存在”にもなり得る。以前紹介した記事では、4人に1人は個人情報の提供が必要ならIoT家電を「使いたくない」という結果が出ている。

2016年10月に米国のDyn(ダイン)社がサイバー攻撃を受けて、「Twitter」や「Amazon」などのWebサービスが突如利用できなくなる事件が発生した。サービスの利用ができなくなったのは、URLアドレスの名前(ホスト名)と、実際に接続するサーバーのIPアドレスを変換するDNS(ドメインネームシステム)がダウンしためだった。理由は、IoT機器の初期パスワードを狙って乗っ取ろうとする「Mirai(ミライ)」と呼ばれるマルウェアに感染した端末10万台以上から、大量のデータを送りつけて接続しにくくする「 DDoS攻撃(分散サービス拒否攻撃)」を受けたから。

企業がIoTを活用する際、こうしたサイバー攻撃の脅威への対策のほかに、消費者が不快に思わないような個人データの活用も必要だ。

KPMGコンサルティングが実施した「消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査2017」によると、平均で56%が企業による個人データの取り扱い、及び利用方法について「懸念している」または「非常に懸念している」ことがわかった。消費者は個人データに関して、どのような意識を持っているのだろうか。

消費者の60%が不快? クッキー削除で個人データの防御策

調査結果を見ると、約60%がプライバシーデータを守るために「インターネットブラウザのクッキーを削除している」と回答。個人データ保護のための行動をとるということは、企業が無差別的に個人データを収集することについて、不快に感じているということだ。

消費者がプライバシーデータを守るために普段用いている防御策(消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査2017)
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTや組込機器向けのセキュリティ診断サービスを本格開始 - バルテス
冷夏でも熱い福岡市、「LPWAの街」として企業支援(LPWA最前線)
今なら間に合うIoTセキュリティ 第5回 便利な生活の落とし穴、あなたのスマートホームは大丈夫?(2)スマートホームのセキュリティ
オンキヨー、加振器による音声/音楽再生技術を活用AI、IoT対応など新規事業分野に向けたソリューションの提案を開始
NECネッツエスアイなど9社、岩手のインバウンド増加を目指す実証実験を開始
IoTでフィールドワーカーの健康状態を見守り、NTTPCが新サービス
5000円切りの超小型気象センサー「WxBeacon2」で何ができるか試してみた
マウスがIoTに進出!! 「mouse スマートホーム」を24日発売! APIをオープンソースで2018年公開予定
TIS、製造業向けIoTプラットフォーム「MONOweb」を提供開始
三陸おもてなしステーション、訪日外国人増加を目指す実証実験
IoTのセキュリティ--デバイスはネットワーク側からも守るべき
マウス、スマートホーム事業に参入。IoT LEDライトやドアセンサーなど同梱のスターターキットを提供
しあわせもの工房、ボタンひとつで声を届けるIoT機器「マゴスピーカー(MAGOスピーカー)」を開発
Miraiが露呈するIoT機器の危うい現状、総括報告書で指摘
IoT人気記事ランキング|ソニーのディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」無償提供開始、NTTデータら「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を発足、など[8/14-8/20]
家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは【俺たちのIoT】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。