IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.23

サイバー攻撃の脅威への対策のほかに企業が注意すべきは?
消費者意識から読み解く、個人データ活用のポイント

BY

生活と密接に関わるIoT機器。さまざまなデータを集積し、我々の生活を便利にしてくれる一方で、“プライバシーを侵害する存在”にもなり得る。以前紹介した記事では、4人に1人は個人情報の提供が必要ならIoT家電を「使いたくない」という結果が出ている。

2016年10月に米国のDyn(ダイン)社がサイバー攻撃を受けて、「Twitter」や「Amazon」などのWebサービスが突如利用できなくなる事件が発生した。サービスの利用ができなくなったのは、URLアドレスの名前(ホスト名)と、実際に接続するサーバーのIPアドレスを変換するDNS(ドメインネームシステム)がダウンしためだった。理由は、IoT機器の初期パスワードを狙って乗っ取ろうとする「Mirai(ミライ)」と呼ばれるマルウェアに感染した端末10万台以上から、大量のデータを送りつけて接続しにくくする「 DDoS攻撃(分散サービス拒否攻撃)」を受けたから。

企業がIoTを活用する際、こうしたサイバー攻撃の脅威への対策のほかに、消費者が不快に思わないような個人データの活用も必要だ。

KPMGコンサルティングが実施した「消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査2017」によると、平均で56%が企業による個人データの取り扱い、及び利用方法について「懸念している」または「非常に懸念している」ことがわかった。消費者は個人データに関して、どのような意識を持っているのだろうか。

消費者の60%が不快? クッキー削除で個人データの防御策

調査結果を見ると、約60%がプライバシーデータを守るために「インターネットブラウザのクッキーを削除している」と回答。個人データ保護のための行動をとるということは、企業が無差別的に個人データを収集することについて、不快に感じているということだ。

消費者がプライバシーデータを守るために普段用いている防御策(消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査2017)
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。