IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.02.02

innovators 情熱のカラクリ 第5回:ウイングアーク1st 島澤 甲氏
会社も家も実験場。IoTで全てを可視化するイノベーター

BY

次に目指すのは生活になじんだIoT

このほかにも夫人に車を運転してもらい、リアルタイムでアクセルの踏み方を可視化。さらにカメラを助手席視点になるよう設置したことで、見ている側は夫人とバーチャルドライブをしている感覚を味わえるというユニークなデモも行ったという。

「やりたいことは常にたくさんあります。それこそ普段考えている中からどれを選ぼうかという感じですね。たまに痛い目をみることもありますが、まずはなんでもやってみようというスタンスです」。

「次にやってみたいのは、もう少し身近なネタ」という島澤氏。まだ何をするか決まってはいないが、生活になじんだIoTで、存在を意識しないのに家の中が何だか快適という仕掛けを作ってみたいとのことだ。

新しいことに挑戦し続ける、島澤氏の高いモチベーションの根底にはクライアントに対し、自分で実践し確信を得たものを提案したいという思いがある。

ものすごいスピードで広がっていくIoTの領域において、提案する側が自分たちで実践できてないことを、クライアントに対して何だかそれっぽく語っている光景が良く見られるという島澤氏。

「私自身はもちろん、ウイングアーク1stでは、具体的なアクションが判断できる状況を提供することを使命にしています。顧客から“やって良かった”といわれるところまで一緒にやりきっていきたいですね。“新しいものはなんでも楽しい。御託を並べないで、まずはやってみよう”という気持ちで、これまで人間がトライアンドエラーでやってきたことをIoTで変えていけるものを提供したいと思います」。

<プロフィール>

島澤甲

ウイングアーク1st 執行役員 BI技術本部本部長

1981年2月 東京生まれ埼玉育ち。SIerとして製造業向けシステム開発に従事。その後、製造業向けパッケージの事業立ち上げなどを経て、2010年 ウイングアークに入社。MotionChart, MotionBoardの企画・開発に関わる。2014年 Dr.Sum並びにMotionBoard開発責任者に就任。2016年 ウイングアークBI事業責任者に就任。現在に至る。

ウイングアーク1st
http://www.wingarc.com/

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
CypressとSemitech、スマートシティー市場で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。