IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.01.24

スマート工場に求められるセキュリティ対策とは
安定稼働にダメージを与えないガイドライン整備が重要

BY

IoTによってあらゆるものがネットワークにつながる現在では、OA環境だけでなく、工場などの生産現場もセキュリティの脅威にさらされている。スマート工場ではどのようなセキュリティ対策を講じたらよいのか、トレンドマイクロの講演から考えてみる。

2017年1月18日~1月20日の期間で、東京ビッグサイトにて開催された「スマート工場EXPO」。この会場では各企業の展示のほかにカンファレンスも実施されている。初日には「『つながる工場』でサイバーセキュリティはどう変わる?」と題した特別講演が行われていたので、その内容についてお届けしよう。

講演を担当したのはトレンドマイクロのセキュリティエバンジェリストである岡本勝之氏(以下、岡本氏)だ。

トレンドマイクロ セキュリティエバンジェリスト 岡本勝之氏

「スマート工場」はサイバー犯罪者にもメリットを生む

従来の工場では、現場や本社、支店などがそれぞれ独立していたが、スマート工場ではそれぞれがつながり合いながら働くようになっていく。スマート化していくのはメリットがあるからだが、つながることによってサイバー犯罪者にもメリットが生まれてしまう。これをどのように克服するかが大事だと岡本氏は語る。

しかし、つながっていないからといって脅威がないわけではない。米国でのセキュリティインシデント報告数だが、2016年は2010年に比べて約7.6倍になっている。加えて製造業がサイバー攻撃の標的になるケースも多くなっているという。

日本国内を見てもサイバー攻撃被害は深刻になっており、深刻なセキュリティインシデントを経験する民間企業や官公庁は38.5%。年間被害額も2億1050万円となっている。被害から逃れるためには金銭を払えと要求する「ランサムウェア」も2,250件もの報告があるそうだ。

加えて国内の製造業もサイバー攻撃の標的となっていることが多くなっており、自社が保有している情報が漏洩する事態も起きているという。業種特有の環境でもセキュリティインシデントは発生しており、全くつながっていないから被害を受けていないわけではない。

ここからもスマート化が進むことによって、被害がより拡大する可能性が見えてくる。「制御システムにおいても、脆弱性における報告件数が過去6年間で24倍になっています。これは脆弱性の報告数が増えているだけではなく、注目が集まっていることの現れです」(岡本氏)。

日本国内におけるサイバー攻撃被害の現状

 

国内の製造業もサイバー攻撃の標的に
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム
ナップスター開発者が目指す、IoTホットスポットの壮大な計画
教育IoT・AI最前線、先生とAIロボット「Musio」が“協働”する英語の授業 ―第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)
労働災害を防止する「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」
ブルドーザーの運転からジャムセッションまで、5Gなら遠隔で可能
Industrial IoTからホテル価格の最適化まで! ―― データから価値を生み出すFlyData
サンシーの新しいセルラーLPWA通信モジュール、Ayla NetworksのIoTプラットフォームに対応
IoTデバイス開発など現場監督をサポートする『建設現場支援センター』
第一線現場でのMRによる支援・高度化の共通研究開始
【人とくるまのテクノロジー展 2018】シミュレーターやサイドeミラー、高精度ロケータなど自動運転向け技術をピックアップ
積水化学、Secualと共同でIoT活用のスマートタウンマネジメント推進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。