IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.01.24

スマート工場に求められるセキュリティ対策とは
安定稼働にダメージを与えないガイドライン整備が重要

BY

IoTによってあらゆるものがネットワークにつながる現在では、OA環境だけでなく、工場などの生産現場もセキュリティの脅威にさらされている。スマート工場ではどのようなセキュリティ対策を講じたらよいのか、トレンドマイクロの講演から考えてみる。

2017年1月18日~1月20日の期間で、東京ビッグサイトにて開催された「スマート工場EXPO」。この会場では各企業の展示のほかにカンファレンスも実施されている。初日には「『つながる工場』でサイバーセキュリティはどう変わる?」と題した特別講演が行われていたので、その内容についてお届けしよう。

講演を担当したのはトレンドマイクロのセキュリティエバンジェリストである岡本勝之氏(以下、岡本氏)だ。

トレンドマイクロ セキュリティエバンジェリスト 岡本勝之氏

「スマート工場」はサイバー犯罪者にもメリットを生む

従来の工場では、現場や本社、支店などがそれぞれ独立していたが、スマート工場ではそれぞれがつながり合いながら働くようになっていく。スマート化していくのはメリットがあるからだが、つながることによってサイバー犯罪者にもメリットが生まれてしまう。これをどのように克服するかが大事だと岡本氏は語る。

しかし、つながっていないからといって脅威がないわけではない。米国でのセキュリティインシデント報告数だが、2016年は2010年に比べて約7.6倍になっている。加えて製造業がサイバー攻撃の標的になるケースも多くなっているという。

日本国内を見てもサイバー攻撃被害は深刻になっており、深刻なセキュリティインシデントを経験する民間企業や官公庁は38.5%。年間被害額も2億1050万円となっている。被害から逃れるためには金銭を払えと要求する「ランサムウェア」も2,250件もの報告があるそうだ。

加えて国内の製造業もサイバー攻撃の標的となっていることが多くなっており、自社が保有している情報が漏洩する事態も起きているという。業種特有の環境でもセキュリティインシデントは発生しており、全くつながっていないから被害を受けていないわけではない。

ここからもスマート化が進むことによって、被害がより拡大する可能性が見えてくる。「制御システムにおいても、脆弱性における報告件数が過去6年間で24倍になっています。これは脆弱性の報告数が増えているだけではなく、注目が集まっていることの現れです」(岡本氏)。

日本国内におけるサイバー攻撃被害の現状

 

国内の製造業もサイバー攻撃の標的に
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。