(英フィナンシャル・タイムズ紙 2017年1月13日付)

対日貿易赤字に不満=南シナ海人工島で中国非難-偉大な米国、鮮明に・次期米大統領

米ニューヨークのトランプタワーで記者会見するドナルド・トランプ次期大統領(2017年1月11日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY〔AFPBB News

 クレムリンにすり寄ったら、ヤケドをしても驚いてはいけない。

 米国のドナルド・トランプ次期大統領がロシアのウラジーミル・プーチン大統領に心酔することの危うさを認識するには、トランプ氏に近づいてその評判を落とそうとしたロシア側の取り組みについての、あの忌まわしく、裏付けのない話を信じる必要などない。トランプ氏は裕福な不動産開発業者で、プーチン氏はロシア連邦保安庁(FSB)という無慈悲な組織のトップだった人物だ。役者が違いすぎる。

 トランプ氏がホワイトハウス入りする前から、プーチン氏は早速大きな勝利を獲得した。米国の諜報機関が次回、安全保障上の脅威を感知して伝えようとするとき――例えば、ロシアがウクライナに再度侵攻するとか、選挙で選ばれた東欧諸国の政府を転覆させたりするといった事態になったら――クレムリンには反論材料がある。

 ホワイトハウスの主が中央情報局(CIA)、国家安全保障局(NSA)、連邦捜査局(FBI)といった諜報機関を信用しないとなれば、一体ほかの誰が諜報機関を信用するのだろうか。トランプ氏は大統領の座を勝ち取るために政治のルールをすべて破ったが、米国の安全を守ることを使命とした部署と敵対する大統領とは、一体どういうことか。

 確かに、諜報機関の言うことが常に正しいとは限らない。CIAにはサダム・フセインの兵器プログラムについて判断を誤った過去がある。CIAはこのツケをさらに何年も払い続けることになるだろう。だが、大統領選挙期間中にクレムリンが民主党のコンピューターに侵入したと報告したとき、CIAなどの諜報機関はこれ以上ないほど自信満々だった。

 連邦議会における共和党の指導者たちは、諜報機関の報告を言葉通りに受け止めた。トランプ氏が次期国務長官に指名したレックス・ティラーソン氏は、そのようなサイバー攻撃はプーチン氏の承認があって初めて行われるものだというのは「もっともな想定だ」と述べている。