IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.12

ドイツのIoT最前線は「アジャイルな組織」への変革

アイデアと意志を持った従業員を自由に暴れさせよう

BY

守る点:顧客接点だけは逃さない

 ドイツの自動車メーカーは、こぞってIoTも活用したデジタルサービスに舵を切っている。

 例えばアウディ(Audi)は、将来的には電子化した部品やソフトウェア、IoTを活用したデジタルサービスが売上の約半分を占めると宣言している。

 また、BMWもイギリスで「BMW Retail Online」という、ディーラーとも協業して自動車の販売を行うプラットフォームを立ち上げた(顧客接点はBMWだが、商流はディーラーを通す)。今後は自動車販売のオンライン化を推し進めていくものとみられる。

 どちらの企業もIoTの活用、デジタルなサービスの提供という点で共通しているが、もう1つ重要な共通点が、顧客接点のデジタル化と囲い込みである。

 アウディは、IoTを含むサービスについて、全てを自社で開発せず、協業を通して進めるとしながらも、「myAudi」というプラットフォームで顧客接点は自社が握ると宣言している。また、BMWの例は、IoTというよりは、O2O(Online to Offline)と呼ばれる取り組みに近いが、IoTのサービスを提供する上で最も重要な、顧客接点の囲い込みのための取り組みとして紹介した。

 近年欧州で流行していたのが、ノキア(Nokia)などの携帯端末メーカーがどのように業績を悪化させていったのか、グーグル(Google)やアップル(Apple)にどう破れていったのかといった視点のベンチマークである。伝統的な端末メーカー凋落の要因として必ず挙げられるのが、顧客接点のデジタル化への対応が遅れ、顧客価値の低いコモディティ提供者になってしまったことが挙げられる。

 自動車の場合には、クルマという顧客接点を活用するためのコネクテッドサービスに加えて、従来分散しがちなディーラーでの顧客接点をデジタル化・一元化する「BMW Retail Online」のような取り組みが鍵になると考えられる。IoTサービスを提供するといっても、顧客接点がなければ、サービス対象が見えず、顧客に提供する価値はさらに闇の中になってしまうというわけだ。

 いま一度、顧客接点を自社は掌握しているか、異業種に顧客接点を奪われる隙がないか、デジタル化する顧客接点を囲い込むための施策が打てているか、再点検してみてはいかがだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、シニア向けSNSを活用したマーケティングサービスを販売開始
日本のルータ4割に脆弱性、のっとりも容易 - IoTセキュリティのいま
Google Home対応、屋外から家電を操作できるIoT機器「Nature Remo」
村田製作所がIoTビジネス参入へ
2018年へ向け知っておくべき技術トレンドトップ10
NEC、IoTのエッジやデバイスを守るソフトウェア群を提供 | IT Leaders
日立、IoTを活用し経営情報と製造現場のKPIを見える化するダッシュボード | IT Leaders
IoT環境をどう守る? トレンドマイクロが「IoT向けセキュリティ戦略」を発表
SORACOMが大型アップデート、HLRの独自実装やSMSによるデータ送受信が可能に
スズデン、IoT/M2M専用モバイルインターネットサービス「スズデンMOBILE」を発売開始
トレンドマイクロ、IoT向けセキュリティ戦略-フルレイヤーで各業種に最適化
マウス、IoT活用「mouse スマートホーム」に空気清浄機などデバイス追加
IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」
PSソリューションズなど3社が協業し「e-kakashi」の第2世代サービスを開発
IoT技術を活用した高齢者見守りサービス、オートバックスなどが実証実験を実施
東京電力グループ、オープンイノベーションに特化した新会社を設立——スマートホームや家庭用IoT分野でのスタートアップ協業を推進へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。