IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.12

ドイツのIoT最前線は「アジャイルな組織」への変革

アイデアと意志を持った従業員を自由に暴れさせよう

BY

守る点:顧客接点だけは逃さない

 ドイツの自動車メーカーは、こぞってIoTも活用したデジタルサービスに舵を切っている。

 例えばアウディ(Audi)は、将来的には電子化した部品やソフトウェア、IoTを活用したデジタルサービスが売上の約半分を占めると宣言している。

 また、BMWもイギリスで「BMW Retail Online」という、ディーラーとも協業して自動車の販売を行うプラットフォームを立ち上げた(顧客接点はBMWだが、商流はディーラーを通す)。今後は自動車販売のオンライン化を推し進めていくものとみられる。

 どちらの企業もIoTの活用、デジタルなサービスの提供という点で共通しているが、もう1つ重要な共通点が、顧客接点のデジタル化と囲い込みである。

 アウディは、IoTを含むサービスについて、全てを自社で開発せず、協業を通して進めるとしながらも、「myAudi」というプラットフォームで顧客接点は自社が握ると宣言している。また、BMWの例は、IoTというよりは、O2O(Online to Offline)と呼ばれる取り組みに近いが、IoTのサービスを提供する上で最も重要な、顧客接点の囲い込みのための取り組みとして紹介した。

 近年欧州で流行していたのが、ノキア(Nokia)などの携帯端末メーカーがどのように業績を悪化させていったのか、グーグル(Google)やアップル(Apple)にどう破れていったのかといった視点のベンチマークである。伝統的な端末メーカー凋落の要因として必ず挙げられるのが、顧客接点のデジタル化への対応が遅れ、顧客価値の低いコモディティ提供者になってしまったことが挙げられる。

 自動車の場合には、クルマという顧客接点を活用するためのコネクテッドサービスに加えて、従来分散しがちなディーラーでの顧客接点をデジタル化・一元化する「BMW Retail Online」のような取り組みが鍵になると考えられる。IoTサービスを提供するといっても、顧客接点がなければ、サービス対象が見えず、顧客に提供する価値はさらに闇の中になってしまうというわけだ。

 いま一度、顧客接点を自社は掌握しているか、異業種に顧客接点を奪われる隙がないか、デジタル化する顧客接点を囲い込むための施策が打てているか、再点検してみてはいかがだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

Microsoft AzureにおけるIoT関連サービスの概要【第11回】 | IT Leaders
ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings Developers」正式版を提供開始
東芝、IoT向けスケールアウト型DBをAWSマーケットプレイスで米国向けに発売
4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI――“事業変革型ビジネスモデル”の提案も
MS、「Windows 10 IoT Core」搭載ウォッチを発表--小売りや製造などで活用狙う
IoT/AI時代のテクノロジー4つのインパクト ーIDC 鳥巣氏講演 ソラコム if-up2017レポート1
日本マイクロソフトとユニアデックス、NTTドコモ、IoTパッケージサービスを発表 | IT Leaders
IoT人気記事ランキング|シーメンスインタビュー、ドコモの浮遊球体ドローンディスプレイなど[4/17~4/23]
マイクロソフト、「IoT Central」発表--企業のIoT導入を簡素化
セラク、ノンプログラミングで多分野の環境モニタリングを実現する防塵防水機能付き「IoTマルチセンサーゲートウェイ」を発売
LPWAで新時代に突入するIoTビジネス――LoRa、SIGFOXなど最新ワイヤレスが集結!
人材難と働き方のセキュリティ課題に対応--マカフィーが新方針
月額60円から利用可能、さくらインターネットが提供するIoT基盤の記事が先週の1位
忘れ物を防ぐIoTアクセサリー製品、課題は紛失してしまったあと?【俺たちのIoT】
九州電力、IoTを活用した「九電未来の暮らし体験イベント」開催
なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。