IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.12

ドイツのIoT最前線は「アジャイルな組織」への変革

アイデアと意志を持った従業員を自由に暴れさせよう

BY

守る点:顧客接点だけは逃さない

 ドイツの自動車メーカーは、こぞってIoTも活用したデジタルサービスに舵を切っている。

 例えばアウディ(Audi)は、将来的には電子化した部品やソフトウェア、IoTを活用したデジタルサービスが売上の約半分を占めると宣言している。

 また、BMWもイギリスで「BMW Retail Online」という、ディーラーとも協業して自動車の販売を行うプラットフォームを立ち上げた(顧客接点はBMWだが、商流はディーラーを通す)。今後は自動車販売のオンライン化を推し進めていくものとみられる。

 どちらの企業もIoTの活用、デジタルなサービスの提供という点で共通しているが、もう1つ重要な共通点が、顧客接点のデジタル化と囲い込みである。

 アウディは、IoTを含むサービスについて、全てを自社で開発せず、協業を通して進めるとしながらも、「myAudi」というプラットフォームで顧客接点は自社が握ると宣言している。また、BMWの例は、IoTというよりは、O2O(Online to Offline)と呼ばれる取り組みに近いが、IoTのサービスを提供する上で最も重要な、顧客接点の囲い込みのための取り組みとして紹介した。

 近年欧州で流行していたのが、ノキア(Nokia)などの携帯端末メーカーがどのように業績を悪化させていったのか、グーグル(Google)やアップル(Apple)にどう破れていったのかといった視点のベンチマークである。伝統的な端末メーカー凋落の要因として必ず挙げられるのが、顧客接点のデジタル化への対応が遅れ、顧客価値の低いコモディティ提供者になってしまったことが挙げられる。

 自動車の場合には、クルマという顧客接点を活用するためのコネクテッドサービスに加えて、従来分散しがちなディーラーでの顧客接点をデジタル化・一元化する「BMW Retail Online」のような取り組みが鍵になると考えられる。IoTサービスを提供するといっても、顧客接点がなければ、サービス対象が見えず、顧客に提供する価値はさらに闇の中になってしまうというわけだ。

 いま一度、顧客接点を自社は掌握しているか、異業種に顧客接点を奪われる隙がないか、デジタル化する顧客接点を囲い込むための施策が打てているか、再点検してみてはいかがだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

介護IoTシステムを共同開発、インフォコムとZ-Worksが業務提携(ニュース)
ビーコンで製造現場のヒト・モノの位置を可視化――富士通が工場のIoT化促進機能
自動車や家電にも決済機能を--IBMとVisaが新たな仕組みを構想
スマホの生体認証センサーで宅配ボックスを解錠、富士通研究所がFIDO応用の新技術
【定点観測】スマートグリッドとは何か? ースマートグリッド1月アップデート
カスペルスキーがIoTシステム向けのセキュリティ特化型OS
富士通研究所、スマホ生体認証のみでIoT機器を介したクラウドサービスを利用できる新技術
Solace、あらゆるビッグデータ移動を統一する新コンセプト「Open Data Movement」を発表
スマートフォンの生体認証と近距離無線で安全なIoTサービス--富士通研究所
人工知能、IoT、VRをビジネスへ ベンチャーが集まる注目のScale11
日立ソリューションズ、「電子サイコロ」の向きで工数管理するIoTソリューション
IoT人気記事ランキング!ソラコム LoRaWANのシェアリングエコノミーなど[2/6~2/12]
【定点観測】AIの起こす事故は、誰の責任なのか?進む中国のAI技術 -人工知能1月アップデート
ドイツのスマートファクトリーKLが目指す「レゴブロック的」モジュール化とは
IoT家電、70%以上の人が「セキュリティについて十分な説明が欲しい」
ラトックシステムとぷらっとホームがIoTデバイス分野で協業、IoTシステムの構築が容易に 

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。