IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.12.26

自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に!
3Dで木型を作る日本初のサービスがスタート

BY

長時間履くと足が痛くなったり、ヒールが高すぎて疲れたりと、女性にとって靴の悩みは深刻だ。

さまざまな靴を試してもどこかしっくりこないという場合、大体は靴を作る際に重要になる木型が自分の足に合っていないということが原因だが、この問題を根本的に解決するためにはオーダーメイドで靴を作るという方法しかなかった。職人が手作業で木型を作っていくため時間もかかるというのがオーダーメイドの悩みだが、AIと3Dプリンターを使うことによって今までより短時間で作ることができるという。

それが、職人の靴づくりに最先端のテクノロジーを取り入れるミリメーターの「シューズカフェ」(東京・市ヶ谷)だ。同店で2017年1月18日から販売を開始する。

足を3D計測して木型を作る日本初のサービス

靴づくりの中でも特に難しいのが、パンプスだと言われている。靴紐でフィット感を調整できるスニーカーと違い、しっかりと足を計測する必要があるからだ。「シューズカフェ」では骨の形状から腱膜の構造を化学的に解析し、足の特徴を模型に反映させるので、究極のフィット感を実現しているという。

今までの靴づくりでは、計測のあと手作業で木型が作られ、そこから靴が作られていくので完成までに2カ月近くかかっていたが、足の計測と木型の製作の過程がデジタル化し、3Dプリンターを利用することで大幅なスピードアップが可能になった。木型はデータ化されるので、自分の足に合った靴をいつでも注文できる。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ
富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。