IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.12.26

自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に!
3Dで木型を作る日本初のサービスがスタート

BY

長時間履くと足が痛くなったり、ヒールが高すぎて疲れたりと、女性にとって靴の悩みは深刻だ。

さまざまな靴を試してもどこかしっくりこないという場合、大体は靴を作る際に重要になる木型が自分の足に合っていないということが原因だが、この問題を根本的に解決するためにはオーダーメイドで靴を作るという方法しかなかった。職人が手作業で木型を作っていくため時間もかかるというのがオーダーメイドの悩みだが、AIと3Dプリンターを使うことによって今までより短時間で作ることができるという。

それが、職人の靴づくりに最先端のテクノロジーを取り入れるミリメーターの「シューズカフェ」(東京・市ヶ谷)だ。同店で2017年1月18日から販売を開始する。

足を3D計測して木型を作る日本初のサービス

靴づくりの中でも特に難しいのが、パンプスだと言われている。靴紐でフィット感を調整できるスニーカーと違い、しっかりと足を計測する必要があるからだ。「シューズカフェ」では骨の形状から腱膜の構造を化学的に解析し、足の特徴を模型に反映させるので、究極のフィット感を実現しているという。

今までの靴づくりでは、計測のあと手作業で木型が作られ、そこから靴が作られていくので完成までに2カ月近くかかっていたが、足の計測と木型の製作の過程がデジタル化し、3Dプリンターを利用することで大幅なスピードアップが可能になった。木型はデータ化されるので、自分の足に合った靴をいつでも注文できる。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携
IoTで生活を快適に 横浜市×ドコモ「未来の家プロジェクト」実証実験開始
エッジ型IoTをノンプログラミングで――、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Gravio」
インターネットに対応したドリルの安全性は?
中電×中電興業×DNP、IoTを活用した電柱看板への地域情報配信の実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。