ホテル業界には今、大きな追い風が吹いている。バブル崩壊以降の20年間近くは、アメリカ同時多発テロ事件(2001年)、リーマンショック(2008年)、東日本大震災(2011年)などが相次ぎ、観光業界には厳しい時代が続いていたが、ここへ来て、アベノミクスによる円安傾向、ビザ要件緩和などが要因となり、訪日外国人客が増えているからだ。2016年の訪日外国人数は2403万人で、前年比22%増。4年連続で過去最高値を更新しており、このまま増加が続けば、政府が掲げる「2020年に4000万人」という目標は優に達成される見込みだ。

 その一方で、客室不足は深刻だ。2020年までに全国で約6万室が、東京23区内だけでも2万1000室が新たに供給されるという試算もあるが「2020年に4000万人」が達成されると、都内では1万室近くが不足すると見られる。

 目下、ホテル業界の話題はこの状況をどう乗り切るかで持ちきりだが、帝国ホテルは「重要なのは2020年のその先」と見ている。東京五輪で訪日ブームがピークに達したあと、「やはり日本へ行くなら帝国ホテルに泊まりたい」という海外リピート客をどのように取り込むか、また、宿泊客における外国人比率が50%であることが望ましいと考える帝国ホテルは国内の顧客をどのように囲い込むか、ハード、ソフト、そしてヒューマンの3つの視点で今から施策を打っている。その帝国ホテルが2017年2月21日から行われるホテル・レストラン業界向けの総合展示会のHCJ2017へ、ネクストマッチングサービス(無料商談会)のバイヤーとして参加する。

帝国ホテル 東京のロビー

 

客室のインテリアから、厨房の調理器具まで
購買担当者全員で、情報を集め、共有する

 当日を「とても楽しみにしています」というのは、帝国ホテル東京で購買を担当する支配人の吉田さち子氏だ。

帝国ホテル東京
管理部資材課購買
支配人吉田 さち子 氏帝国ホテル 東京
管理部 資材課 購買
支配人 吉田 さち子 氏 

 吉田氏から見ると、HCJには、他の商談会にはない魅力があるという。それはまず、ホテルに関するあらゆる商材が一堂に会していること。客室のインテリアも、レストランの食器も、厨房の調理器具も、宴会場で使う設備も、すべてのトレンドを一カ所で把握できるのだ。

「ですから、購買担当の私以下6名全員が、担当分野のものはもちろん、担当分野以外のものも担当者にはない視点で見て回り、その後、全員で情報を共有することにしています」という。

 そう話す吉田氏は、コンタクトレンズの使い切りタイプのケアセットを紹介してくれた。以前からニーズを感じていたこのケアセットと出会ったのは、過去のネクストマッチングサービスでのことだったという。その後、品質の確認、取引企業の選定などを済ませてから導入したところ、今では月に20人ほどから貸し出しを依頼されるアイテムとなった。「『帝国ホテルだからあるとは思っていたけれど、本当にあるとは』とお客様に喜んでいただけると、揃えておいて良かったなと思います」と話す。

 もともと帝国ホテルは、高いブランド力を持ちながら、ホテル初のランドリーサービスやウエディング、日本初のブフェスタイルのレストランなど、業界初のサービスを手がけてきた先駆者。ホテルレストランショーでも、常に新たなおもてなしのツールを探しているのだ。もちろん、日々の業務の中でも新しいものにはアンテナを張っているが、HCJだからこそ得られる情報もあるという。

開発者との話から気付きが得られる

「普段から見つけられずにいたものが、各出展者のブースで見つかることもありますし、その場に開発担当者の方もいらっしゃることが多いので、より詳しいお話を伺えます。たとえばシャンプーの容器の穴の大きさに対するこだわりなどをお聞きすると『私たちはそこまで気を配ったサービスができているだろうか』と顧みることができますし、『あんなものがある』『こんなものもある』という様々なインプットは、すぐには購買に結びつかなかったとしても、後から『あのとき見た』『確かにあった』と思い出し、問い合わせすることができるので、とても重宝しています」(吉田氏)

 吉田氏は、ホテルレストランショーに足を運ぶと、ホテルマン、ホテルウーマンなら誰でも「胸が高鳴るはず」という。

「様々なものを見てお話を伺うと、出展者、商談相手の方々に私たちの仕事を盛り立てていただいているのを実感できます。そうすると、私たちもお客様のご要望にしっかりとお応えしていこうという気持ちに、自然となれるのです」

 サービスの追求に余念がなく、「民間外交の窓口」という重要な役割をこれからも担う帝国ホテルも期待を寄せるHCJは東京ビッグサイトで2月21日から24日まで開催される。事前登録すれば、入場料(3000円)は無料になるので早めに登録を。

来場者事前登録はこちら

ホスピタリティと“フードサービス”の商談専門展示会
【HCJ2017 2/21(火)~ 2/24(金)】
ご来場の予約は下記URLの「来場者事前登録」より、お申込みください。
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/

関連記事

■2020年に向け高まるインバウンド需要には早めの対策を
~展示もセミナーも大充実のHCJ2017で課題を解決し成長のヒントを見つけよう~
(一般社団法人日本能率協会)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48682

■イケアは個人ユーザーだけのものではない
ホテルもレストランも“全部イケア”で揃えられる
(IKEA)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48736

■インバウンド時代に、旅館・ホテルが「勝ち組」を維持するための
商品・ソリューションを積極的に提案
(JTB商事)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48737

■ロイヤルホストが積極的に機械化を進める理由
人は人にしかできない仕事に集中することが、生産性の向上につながる
(ロイヤルホスト)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48738

<PR>
提供:HCJ2017 (主催:一般社団法人日本能率協会)