IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

 アルス古川がこのシステムを導入したのは2014年である。ちょうど、福島県が農業の復興を加速化させるための「ふくしまから はじめよう。攻めの農業技術革新事業」を推進しており、その事業の補助金を利用してシステムを導入した。

「県の農業普及所からやってみないかと声がかかったんです。面白そうだし、作業が楽になるんだったらいいかなと」(古川さん、以下同)

 最初は軽い気持ちでスタートしたというが、得られたメリットは想像以上の大きさだった。

「1人の従業員が畑に張り付いている」のと同じ

 まず、農作業を大幅に効率化できた。それだけではない。効率化と同時に、手作業以上にきめの細かい丁寧な世話が可能になった。

 一定の品質の野菜を育てるためには、土の中を安定した状態に保つ必要がある。しかし、安定させるための調整は非常に難しい。例えば「水やり」。以前は、ミニトマトの畑に毎朝1回、水をあげていた。その日にあげる水の量はトマトの状態を見ながら調整する。

「ただ、調整は“何となく”の感覚なんですよね。調整していても、夏場なんかはやっぱり土が乾いているときがありました。水が足りなくてトマトがくたっとなっていたりすることがあるんです」

 今は、システムが自動的に給水を行う。おまけに1日に1回だけではなく、少量ずつの水を1日に10回ぐらいに分けて供給するのだ。

「システムが1時間ごとに土の中の温度や水分量、肥料の情報などを測定しています。今、土の中はこうだから水や肥料はこれぐらい必要だなというのを自動的に弾き出してくれる。例えば、日が当たって蒸散が多くなるとトマトは水を飲むペースが上がります。その状況を機械が検知して、水を多めに供給してくれるというわけです」

 感覚的には「1人の従業員がずっと畑に張り付いて、丁寧に水をあげているのと同じ」だという。「以前は、こちらの気分で勝手に水をあげていたのが、今はトマトの声を聞きながら水をあげるようになった感じですね。だから、失敗が少ない。実になったときもA級品が多くなりました」

 農作業が効率化されたことで、ミニトマトの収量も増えた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoT時代における進化」ロジスティクスソリューションフェア2017レポート
NTTデータ、中国科学院ソフトウェア研究所など三者、IoT/ビッグデータ分野で先進技術研究院を設立
IoTタンクトップに、ライブ熱気の定量化も - Microsoft Japan Partner Conference
満員御礼 ASCIIのIoTハードウェアのカンファレンスイベンス開催
東電、タクシー4000台を活用したIoT見守りサービスを提供
MaBeee開発のノバルス、IoT市場におけるB2B事業を展開
KDDI、IoTセンサーとLPWAを活用したごみの量を遠隔監視する実証実験
エコモットと日本コムシスがIoT事業で協業、防災分野等でのサービス拡充を本格化
IoTと相性のよいクラウドの条件とは?
IoTで最適なプラットフォームを選択するために--考慮すべき5つのポイント
国内企業のIoT導入率は約6%、前年比0.6ポイント増 IDC調査
IoTを次の段階へ エッジでノキアがスタートアップと組む理由
IoTで労働災害を未然防止、明電舎が富士通の安全管理支援ソリューションを導入
LoRaWAN AS923の認証試験サービスを開始
IoT活用で道路工事の「全工程見える化」実現--岐阜県で
コカ・コーラのIoTマーケティング「Coke On」が世界で初めて成功した理由

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。