IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.12.11

IoTでデータ収集。ランドロイド開発状況とこれまで
成長し、進化する全自動衣類折りたたみ機 「ランドロイド」

BY

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 社長室長の佐藤誠氏

2017年3月に予約販売の開始を控えている全自動衣類折りたたみ機「laundroid(以下、ランドロイド)」。CEATEC JAPAN 2015で発表され、世界中から注目を集めている。そんなランドロイドを手掛けるセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社のrobotics事業部で開発に携わっている五島暢之氏(以下、五島氏)と、社長室長の佐藤誠氏(以下、佐藤氏)に話を伺った。

IoTで折りたたみデータ収集。2Lから3Lまで対応可能に

2017年3月に製品版第1弾「laundroid 1(ランドロイドワン)」の発売を控えた今、「開発状況はどのようなところまで来ているのか?」という質問に対して答えてくれた開発担当の五島氏。

robotics事業部 五島暢之氏

「現在はIoTを駆使して世界中から折りたたみデータを集め、AIによって学習させています。2Lから3Lくらいの大きいものを折りたたむところまで出来るようになっていますが、赤ちゃん用の服や幼児服など非常に小さい衣類をたたむ際には課題も残っています。今後も学習データを集め、より精度の高い“たたみ”を実現していきます」(五島氏)。

2017年3月に発売されるlaundroid 1を皮切りに、2018年には介護福祉施設、病院向けモデルを発売。2019年には、洗濯乾燥機と折りたたみ機を一体化したオールインワンモデルを、2020年にはホームビルドインタイプも発売予定となっている。

コミュニケーションが最大の鍵。課題をチャンスに変える発想も大事

開発する際に苦労していることを尋ねると、チームごとのコミュニケーションを円滑に行うことだという。

「開発を行う技術者はコミュニケーションをとるのが苦手です。仕事にプライベートを持ち込んでしまい、好きな人か嫌いな人かによって話をするかしないか決めることもあるのです。各チームにまとめ役をつけていますが、現場からまとめ役まで話が上がってこないこともあります。『本当はこうなっているけど、なんでこうなっているのだ?』と自分で現場まで直接聞きに行くこともしばしばありました。それはそれで面白いと感じることもあって、直接話を聞きに行くことから新しいものが生まれることもあるのです」(五島氏)。

自ら現場にヒアリングを行い解決しているという五島氏は、課題もチャンスと捉え、面白みの一つと感じているようだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。