IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.12.09

Innovators 情熱のカラクリ 第2回:アスタミューゼ 波多野智也氏
IoT的視点で未来を見つめるイノベーター

BY

世界各国のベンチャー企業や大学の研究テーマ、特許、新製品への投資データを保有し公開しているアスタミューゼ株式会社。実は世界中でさまざまな情報は公開されているが、そこにたどり着き情報を生かせている人は多くはない。

集めた膨大なデータを徹底的に分析し、仮説を立てながら社会のトレンドを読み取る……それらはアスタミューゼが展開する法人向け・個人向け各事業へ活用されている。

事業企画・マーケティング部に所属し「astamuse.com」のサービスディレクターも務める波多野智也氏(以下、波多野氏)は、分析データや人々の検索ワードから次のトレンドも読めると話す。

アスタミューゼ 波多野智也氏

「『IoT』という言葉を耳にすることが多くなったと思うかもしれませんが、実は2年前にはすでにその傾向が現れ始めていました(2016年10月取材現在)。アスタミューゼのサイトに来るユーザーの動きを見ていると『あぁ、次はこの領域が盛り上がるんだな』っていうのがわかるんです。IoTに関連する技術用語がよく検索されているな、と思っていたらその後バッと広がりました」

アスタミューゼが収集した膨大なデータにたどり着く人たちの興味を知ることで、これから話題になるキーワードが見えてくるということらしい。そもそもアスタミューゼとは何のためにデータを集めているのだろうか?

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

OKI、マルチキャリア対応の「音声IoTゲートウェイ」を販売
日本人はAIやIoT活用の自動化サービス利用に前向きで寛容--VMware調査
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(後編) Azure IoT Edgeとは?
NEC、公共施設の機器を無人サービス化--EV用充電器や宅配ボックスなどに組み込み
工場/IIoT環境向け小型UPS、APCブランドでシュナイダーが発売
凸版印刷、センサと床材を一体化した「ロケーションフロア」開発--「トッパンIoT建材」開始
NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。