IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

水平統合と垂直統合のハイブリッド

 GEやシーメンスは、もともとの事業領域である産業用機器の分野をベースに、ソフトウエア基盤の開発を行ってIoT時代における主導権を確保しようとしている。GEやシーメンスはこれらのシステム基盤を外部に開放しており、後発メーカーの中には、両社のシステム基盤に乗る形でビジネスを展開するところも出てくるだろう。

 先ほど筆者は、重電や機械の分野も水平統合になると説明したが、現実は少し違う。従来から続く垂直統合のモデルをベースに、ソフトウエアの部分は水平統合を目指すという少し複雑な事業構造になる可能性が高い。

 既存のIT産業の場合、マイクロソフトのような企業はハードウエアの部分にはノータッチだったが、IoTではマイクロソフトに相当する位置付けになりそうなのが、GEやシーメンスといったハードメーカーである。両社がソフトウエアの分野でスタンダードを確立した時の影響は大きい。

 こうした環境下において、システム基盤でスタンダードを握れなかったメーカーは二者択一を迫られる可能性が高い。競争力が多少落ちても構わないので垂直統合モデルを維持するというやり方と、GEやシーメンスの傘下に入り、機器の部分におけるビジネスで生き残りを図るというやり方である。

 日本メーカーがGEやシーメンス連合と同レベルの開発投資を今から実施するのは現実的に難しい。あまり望ましい形ではないかもしれないが、日本メーカーは思い切ってGEもしくはシーメンス陣営の傘下に入ってしまい、その中で、顧客との関係を維持するという決断も場合によっては必要となるかもしれない。システム部分での利益は、両社に吸い上げられてしまうが、顧客との関係は維持することができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンクなど、ドローン×AIで農業生産性向上の実証実験
ビープラッツ、サブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats」でソラコムとの連携モジュールを開発へ
2017年、IoTNEWS年間人気記事ランキング
[年間人気記事ランキングTOP30]2017年は「LPWA」が席巻!
「考えるよりも生むが易し」―センサーから始めるデジタルトランスフォーメーション | IT Leaders
スマートホーム「MIRAI ZEH-NEO」の販売を開始、アキュラホーム
農薬量を1/10以下に削減、オプティムがAI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布
ソフトバンクと3DセンサーのVayyar、IoT分野で協業
メルカリ、社会実装を目的としたIoTなどの研究開発組織設立
再配達をなくす! LPWA+BLEを宅配サービスに応用
富士通とサンスター、IoTスマートハブラシとクラウド連携で先進予防歯科サービスを開始
NTTドコモ、横浜市内で生活モニタリング実証実験(ニュース)
IoT × ロボットが世界を変える 第6回 会議室不足問題をIoTで解決 後編
富士通SSLが組み込み機器向けマルウェア対策ソフト、ホワイトリストやメモリー保護などで構成 | IT Leaders
インフォコム、IoTによる拠点状況の自動収集機能を備えた危機管理情報ポータル「BCPortal」新版
NEC松田氏「通信事業者がIoTビジネスを拡大させる2つの方法」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。