IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

水平統合と垂直統合のハイブリッド

 GEやシーメンスは、もともとの事業領域である産業用機器の分野をベースに、ソフトウエア基盤の開発を行ってIoT時代における主導権を確保しようとしている。GEやシーメンスはこれらのシステム基盤を外部に開放しており、後発メーカーの中には、両社のシステム基盤に乗る形でビジネスを展開するところも出てくるだろう。

 先ほど筆者は、重電や機械の分野も水平統合になると説明したが、現実は少し違う。従来から続く垂直統合のモデルをベースに、ソフトウエアの部分は水平統合を目指すという少し複雑な事業構造になる可能性が高い。

 既存のIT産業の場合、マイクロソフトのような企業はハードウエアの部分にはノータッチだったが、IoTではマイクロソフトに相当する位置付けになりそうなのが、GEやシーメンスといったハードメーカーである。両社がソフトウエアの分野でスタンダードを確立した時の影響は大きい。

 こうした環境下において、システム基盤でスタンダードを握れなかったメーカーは二者択一を迫られる可能性が高い。競争力が多少落ちても構わないので垂直統合モデルを維持するというやり方と、GEやシーメンスの傘下に入り、機器の部分におけるビジネスで生き残りを図るというやり方である。

 日本メーカーがGEやシーメンス連合と同レベルの開発投資を今から実施するのは現実的に難しい。あまり望ましい形ではないかもしれないが、日本メーカーは思い切ってGEもしくはシーメンス陣営の傘下に入ってしまい、その中で、顧客との関係を維持するという決断も場合によっては必要となるかもしれない。システム部分での利益は、両社に吸い上げられてしまうが、顧客との関係は維持することができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

高速バスの安全性向上へIoTを活用へ
海外展開、スタートアップ共創、情報銀行など、さくらの戦略をCESで聞いた
さらに進化したIoT機器がCESで一堂に会する
シャオミ、数百のスマート製品とIoTプラットフォーム上でコネクトする5000万超のデバイスを備えたMi Ecosystemを紹介
Cypressとベライゾン、IoT開発者向けセキュア接続ソリューションを発表
GoogleはAndroid ThingsでIoTを狙う
2017年のセキュリティ脅威はこうなる!11社予測まとめ《IoT編》
アビーム、製造業のIoT化支援サービスを提供--導入から構築、内製化までサポート
IoT機器も家族も守る「インテル入ってる」かしこいルーターがめちゃ便利だった
香港のK2 Capital、インドのIoT輸送ソリューションスタートアップTempoGoに82.5万ドルを出資
世界最小クラスのIoT紛失防止デバイス「MAMORIO(マモリオ)」
BMWの車はCortanaやAmazon Primeと接続 〜運転中に商品を注文し、次の目的地で受け取りが可能に。
「クラウドでOK」と主張するIoTを信頼してはいけない理由
FTC、家庭向けIoTデバイスを脆弱性から守るツールを開発するコンテスト開催
【西川善司の大画面☆マニア】パナソニック有機EL、高画質の秘密はプラズマ技術? 220度で6KのHMD
「さくらのIoT Platform」、グローバル展開へ~香港に子会社設立

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。