IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

水平統合と垂直統合のハイブリッド

 GEやシーメンスは、もともとの事業領域である産業用機器の分野をベースに、ソフトウエア基盤の開発を行ってIoT時代における主導権を確保しようとしている。GEやシーメンスはこれらのシステム基盤を外部に開放しており、後発メーカーの中には、両社のシステム基盤に乗る形でビジネスを展開するところも出てくるだろう。

 先ほど筆者は、重電や機械の分野も水平統合になると説明したが、現実は少し違う。従来から続く垂直統合のモデルをベースに、ソフトウエアの部分は水平統合を目指すという少し複雑な事業構造になる可能性が高い。

 既存のIT産業の場合、マイクロソフトのような企業はハードウエアの部分にはノータッチだったが、IoTではマイクロソフトに相当する位置付けになりそうなのが、GEやシーメンスといったハードメーカーである。両社がソフトウエアの分野でスタンダードを確立した時の影響は大きい。

 こうした環境下において、システム基盤でスタンダードを握れなかったメーカーは二者択一を迫られる可能性が高い。競争力が多少落ちても構わないので垂直統合モデルを維持するというやり方と、GEやシーメンスの傘下に入り、機器の部分におけるビジネスで生き残りを図るというやり方である。

 日本メーカーがGEやシーメンス連合と同レベルの開発投資を今から実施するのは現実的に難しい。あまり望ましい形ではないかもしれないが、日本メーカーは思い切ってGEもしくはシーメンス陣営の傘下に入ってしまい、その中で、顧客との関係を維持するという決断も場合によっては必要となるかもしれない。システム部分での利益は、両社に吸い上げられてしまうが、顧客との関係は維持することができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

まだ初期段階の産業用IoT、大きく発展する可能性
NEC、沖縄プロ野球キャンプの放送映像を用いてSDNを活用したIoT向けネットワーク制御の実証実験を実施
ウェブルートに聞くIoTセキュリティ - インターネットで危険な国とつながるリスクをどう回避するか
NEC、「スマートシティ会津若松」への支援を強化
「年額100円から」KCCSの通信サービス、実現のからくり(あの製品はなぜ安い?)
経済産業省、IoTを活用した優れたプロジェクトを選定・表彰する「IoT Lab Selection」を開催
IoT水耕栽培機「foop」に研究機関・企業向けモデルなど新製品が登場
IoT人気記事ランキング MWC2017レポート、LPWAネットワークの実証実験など[3/06~3/12]
15年以上にわたる実績とノウハウで、企業のIoTビジネスを加速させるKDDIのソリューション
ドコモがLPWAのトライアル環境を構築、まずはLoRaから開始
【俺たちのIoT】第11回:IoTとロボットの共通点 
ドコモがIoT向け通信規格のトライアル環境を提供、48法人が実証実験
IoTのインフラ「5G」が離陸目前に--MWC 2017
5G・IoT時代のセキュリティ - データのプライバシ-をどう管理する?
今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」を徹底解説
日本の製造業が世界で戦うために - 産官学対談から見えてきた強み、そして課題

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。