IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

水平統合と垂直統合のハイブリッド

 GEやシーメンスは、もともとの事業領域である産業用機器の分野をベースに、ソフトウエア基盤の開発を行ってIoT時代における主導権を確保しようとしている。GEやシーメンスはこれらのシステム基盤を外部に開放しており、後発メーカーの中には、両社のシステム基盤に乗る形でビジネスを展開するところも出てくるだろう。

 先ほど筆者は、重電や機械の分野も水平統合になると説明したが、現実は少し違う。従来から続く垂直統合のモデルをベースに、ソフトウエアの部分は水平統合を目指すという少し複雑な事業構造になる可能性が高い。

 既存のIT産業の場合、マイクロソフトのような企業はハードウエアの部分にはノータッチだったが、IoTではマイクロソフトに相当する位置付けになりそうなのが、GEやシーメンスといったハードメーカーである。両社がソフトウエアの分野でスタンダードを確立した時の影響は大きい。

 こうした環境下において、システム基盤でスタンダードを握れなかったメーカーは二者択一を迫られる可能性が高い。競争力が多少落ちても構わないので垂直統合モデルを維持するというやり方と、GEやシーメンスの傘下に入り、機器の部分におけるビジネスで生き残りを図るというやり方である。

 日本メーカーがGEやシーメンス連合と同レベルの開発投資を今から実施するのは現実的に難しい。あまり望ましい形ではないかもしれないが、日本メーカーは思い切ってGEもしくはシーメンス陣営の傘下に入ってしまい、その中で、顧客との関係を維持するという決断も場合によっては必要となるかもしれない。システム部分での利益は、両社に吸い上げられてしまうが、顧客との関係は維持することができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

クーガー 石井敦氏:人工知能があらゆるところにある未来は、ブロックチェーンが作る
日立、IoTプラットフォーム「Lumada」をグロバール展開し成長路線へ
IoT時代の技術を学ぶ”教育的コンテスト”- 「IoTイノベーションチャレンジ」を開催
ドコモとand factoryら、未来の家プロジェクト第2弾--IoTスマートホームで実証実験
NTTドコモら、横浜市でIoTスマートホームを用いた第2回目の実証実験
AIやIoTを活用した実証の場「ひろしまサンドボックス」公募開始
100円SIM活用!“IoT見守り”はAIで進化する
IoT活用やプログラミング必修化を視野に入れた玩具も--東京おもちゃショー2018
築46年の団地をIoT家電家具付きでフルリノベ--家事ストレスゼロの家
KDDIと日立がグローバルIoT事業で協業、幅広い産業へ展開
山田祥平のニュース羅針盤 第128回 三者三様のCOMPUTEX、PC市場の鍵を握るのは?
ネットワンシステムズ、製造業向けIoTソリューションの提供開始
Microsoft、IoTの安全な運用を支援する「Windows 10 IoT Core Services」を発表
ネットワン、工場のデジタル改革を加速するIIoTソリューション
KDDIと日立がグローバルIoT基盤で協業、世界50カ国以上の現地キャリアと直接接続 | IT Leaders
MaaS時代に伸びる組み込みカメラ技術市場…エンベデッドビジョン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。