IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

水平統合と垂直統合のハイブリッド

 GEやシーメンスは、もともとの事業領域である産業用機器の分野をベースに、ソフトウエア基盤の開発を行ってIoT時代における主導権を確保しようとしている。GEやシーメンスはこれらのシステム基盤を外部に開放しており、後発メーカーの中には、両社のシステム基盤に乗る形でビジネスを展開するところも出てくるだろう。

 先ほど筆者は、重電や機械の分野も水平統合になると説明したが、現実は少し違う。従来から続く垂直統合のモデルをベースに、ソフトウエアの部分は水平統合を目指すという少し複雑な事業構造になる可能性が高い。

 既存のIT産業の場合、マイクロソフトのような企業はハードウエアの部分にはノータッチだったが、IoTではマイクロソフトに相当する位置付けになりそうなのが、GEやシーメンスといったハードメーカーである。両社がソフトウエアの分野でスタンダードを確立した時の影響は大きい。

 こうした環境下において、システム基盤でスタンダードを握れなかったメーカーは二者択一を迫られる可能性が高い。競争力が多少落ちても構わないので垂直統合モデルを維持するというやり方と、GEやシーメンスの傘下に入り、機器の部分におけるビジネスで生き残りを図るというやり方である。

 日本メーカーがGEやシーメンス連合と同レベルの開発投資を今から実施するのは現実的に難しい。あまり望ましい形ではないかもしれないが、日本メーカーは思い切ってGEもしくはシーメンス陣営の傘下に入ってしまい、その中で、顧客との関係を維持するという決断も場合によっては必要となるかもしれない。システム部分での利益は、両社に吸い上げられてしまうが、顧客との関係は維持することができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

スポーツクラブのルネサンス、IoTでスタッフ配置の適正化を実証へ
ソラコム、低トラフィックIoT通信向けの料金体系など4つのアップデートを発表
富士通、デジタルビジネスの変革に向けた共創のためのサービスを拡充
富士通、現場のためのIoTソリューション「スマートコミュニケーション」
製造・サービス両業種の半数以上、「IoTでビジネスが進展」--富士通調査
日立とシスコ、IoT基盤分野での協業に向けた技術検証を開始 | IT Leaders
経済産業省、データ流通プラットフォーム連携に関する基本的事項を発表
富士通、現場のやりとりをIPトランシーバーやビジネスSNSで支援する新ソリューション
富士通、日本ウインドサーフィン協会、ラピスセミコンダクタ、 IoTを活用したウインドサーフィンのセーリングスキル向上に向けた実証実験を開始
NECマグナス、IoT向けLTE通信装置の新製品
ヴイエムウェア、企業向けのIoT管理ソリューション「VMware Pulse IoT Center」を発表
富士通ら、IoTを活用したビル設備監視システムの有効性を共同実証
富士通、現場コミュニケーションの活性化を支援する IoTソリューション「スマートコミュニケーション」を提供開始
富士通、顧客企業の新たな事業やサービス創出に向けた共創のためのサービスプログラムを拡充
日立とシスコ、IoTプラットフォーム分野で技術検証を開始
IoT/M2M 2017 - IoTを取り巻くあらゆる無線をソリューションでカバーするTelit

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。