IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 グラフ型データベースは、フェイスブックといったSNS企業やアマゾンなどのECサイトが、知り合いを探し出したり、お勧め商品を抽出する目的で実用化している。GEはこれを工業分野でも活用できるように独自に開発を重ねた。

 一方、シーメンスはドイツのIT企業であるSAPと組んでこの問題を解決している。SAPはERP(統合業務パッケージ)を開発する世界でも有数のソフトウエア企業だが、同社はIoT時代をにらみ、データ処理を高速化した新しいデータベース「SAP HANA」を開発した。シーメンスのシステム基盤である「マインドスフィア」はSAPのデータベースとセットで提供されるケースも多い。

 HANAは、これまでハードディクス上に格納していたデータをメモリ上に移すことで、高速処理を実現している。つまり、既存のデータベースの仕組みはそのままに、処理の高速化に力点を置いた製品ということになる。

 データベースの高速化に対する米独のアプローチの違いは非常に興味深い。米国は数学的にまったく新しいアルゴリズムを採用し、抜本的なパフォーマンス改善を狙っている。GEのやり方は、リスクも大きいが、成功した時の効果もやはり大きい。一方、ドイツは、既存技術の延長線上としてデータベースの高速化を実現した。確実性を優先したやり方といえる。

 残念ながら、一連の開発競争の中に日本企業の名前は出てこない。GEとシーメンス=SAP連合は、初期の開発段階を終え、関連する業務アプリケーションの充実を図っている状況だ。両社の優位性は圧倒的に高く、IoTの業界では、しばらくの間、両者が世界をリードしていくことになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「トイレの空き状況」がスマホでわかる! 百貨店のIoTトイレに期待
LINEのスマートスピーカーが、ホームIoTサービスでの家電連携を開始
デバイスに”接続”してIoT化、オプテックスのSigfox対応無線ユニット
ソフトバンク、2018年夏に駐車場シェアリング事業へ参入
KDDIは開発拠点開設、ソフトバンクは駐車場シェア--IoT活用の取り組みを今夏スタート
IPA、スキル強化の指針「ITSS+」に「IoTソリューション領域」「アジャイル領域」を追加し公開
LINEのホームIoTサービス「Clova Home」始動、スマートスピーカーで家電を操作 第1弾はスマート照明「Philips Hue」と連携
STマイクロは全方位戦略でIoTでの成長を目指す
ソフトバンクがパーキングシェアリング参入へ
富士通クラウドテクノロジーズ、DATUM STUDIOとデータ活用支援領域で協業 | IT Leaders
村田製作所の「NB-IoT」戦略--小型・高信頼の通信モジュールでIoT市場に挑む
一歩進んだIoTデータ活用に必要なものとは?「最新のIoTデータも使いこなそう! ビジネスに“効く”データの利活用術」レポート
エクス、IoTのトータルサービス 「IoTスタートパック」、「EXtelligence IoT」β版の提供を開始
富士通発「自主プロジェクト」から生まれたオープンイノベーション
NTT西日本と広島県、AIやIoTを活用して地域活性化を推進
共創よるビジネス創出を支援――IoT/5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」が2018年夏オープン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。