IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 グラフ型データベースは、フェイスブックといったSNS企業やアマゾンなどのECサイトが、知り合いを探し出したり、お勧め商品を抽出する目的で実用化している。GEはこれを工業分野でも活用できるように独自に開発を重ねた。

 一方、シーメンスはドイツのIT企業であるSAPと組んでこの問題を解決している。SAPはERP(統合業務パッケージ)を開発する世界でも有数のソフトウエア企業だが、同社はIoT時代をにらみ、データ処理を高速化した新しいデータベース「SAP HANA」を開発した。シーメンスのシステム基盤である「マインドスフィア」はSAPのデータベースとセットで提供されるケースも多い。

 HANAは、これまでハードディクス上に格納していたデータをメモリ上に移すことで、高速処理を実現している。つまり、既存のデータベースの仕組みはそのままに、処理の高速化に力点を置いた製品ということになる。

 データベースの高速化に対する米独のアプローチの違いは非常に興味深い。米国は数学的にまったく新しいアルゴリズムを採用し、抜本的なパフォーマンス改善を狙っている。GEのやり方は、リスクも大きいが、成功した時の効果もやはり大きい。一方、ドイツは、既存技術の延長線上としてデータベースの高速化を実現した。確実性を優先したやり方といえる。

 残念ながら、一連の開発競争の中に日本企業の名前は出てこない。GEとシーメンス=SAP連合は、初期の開発段階を終え、関連する業務アプリケーションの充実を図っている状況だ。両社の優位性は圧倒的に高く、IoTの業界では、しばらくの間、両者が世界をリードしていくことになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトの「Azure」や「Kinect」を使った未来のスーパー--写真で見る
デジタルネイティブ世代の学生たちが考えるIoT製品がおもしろスゴイ
「スイッチは使わなくなった」--引っ越して半年の住民が話すIoTスマートハウスの住み心地
AWSのクラウド機能をローカルデバイスに拡張する「AWS Greengrass」、IoT向けサービスを正式ローンチへ
LPWAへの投資は「セルラーM2Mを優先」 u-blox
AIや機械学習がIoTセキュリティにもたらす新たな可能性--活用するための5つのステップ
ウチヤマHD、九大など、IoTを活用した介護・看護職員の行動認識実証実験
CTセンサーをネットに接続、ラピスが中継基板
ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」、「Google Cloud Platform」に対応
トイレの空き状況がスマホで分かる「KDDI IoTクラウド」を小田急電鉄が採用
パナソニックが開発したIPカメラをIoTデバイスとして活用するVieurekaとは?
【from SankeiBiz】東京メトロ、忘れ物情報をスマホ通知 IoT技術活用、19日実証試験
AWSのCTOがサーバレス、IoTを解説--データベースベンダーに向けた反撃も
世界IoT市場、2017年の支出は16.7%増の8000億ドル超に--IDC予測
ラピス、工作機械のIoT化を実現するシールド基板「CT Sensor Shield」発売
リノベる、本当に使えるIoT家電で構築するスマートハウス--目指すは住まいのiPhone化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。