IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 グラフ型データベースは、フェイスブックといったSNS企業やアマゾンなどのECサイトが、知り合いを探し出したり、お勧め商品を抽出する目的で実用化している。GEはこれを工業分野でも活用できるように独自に開発を重ねた。

 一方、シーメンスはドイツのIT企業であるSAPと組んでこの問題を解決している。SAPはERP(統合業務パッケージ)を開発する世界でも有数のソフトウエア企業だが、同社はIoT時代をにらみ、データ処理を高速化した新しいデータベース「SAP HANA」を開発した。シーメンスのシステム基盤である「マインドスフィア」はSAPのデータベースとセットで提供されるケースも多い。

 HANAは、これまでハードディクス上に格納していたデータをメモリ上に移すことで、高速処理を実現している。つまり、既存のデータベースの仕組みはそのままに、処理の高速化に力点を置いた製品ということになる。

 データベースの高速化に対する米独のアプローチの違いは非常に興味深い。米国は数学的にまったく新しいアルゴリズムを採用し、抜本的なパフォーマンス改善を狙っている。GEのやり方は、リスクも大きいが、成功した時の効果もやはり大きい。一方、ドイツは、既存技術の延長線上としてデータベースの高速化を実現した。確実性を優先したやり方といえる。

 残念ながら、一連の開発競争の中に日本企業の名前は出てこない。GEとシーメンス=SAP連合は、初期の開発段階を終え、関連する業務アプリケーションの充実を図っている状況だ。両社の優位性は圧倒的に高く、IoTの業界では、しばらくの間、両者が世界をリードしていくことになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

コレ1枚で分かる「IoTで変わるビジネスの本質」
FPGAが可能にするIoTエッジコンピュータ
アドバンテックのIoT戦略、その向かう先は?
Rapid7、車載機器などIoTの脆弱性を調べるセキュリティサービス | IT Leaders
イッツコム&コネクティッド・デザインが魅せるインテリジェントホームが凄かった!
【笠原一輝のユビキタス情報局】Jetson TX2が垣間見せる“エッジAI”という次世代IoTの可能性
セゾン情報、ノンプログラミングでエッジコンピューティング実現のIoT製品
IoT人気記事ランキング|ハノーバーメッセ2017レポート、ソニーグループが提供するIoTリカーリングビジネスを支援する新サービスなど [5/8-5/14]
コマツのIoT活用とローソンのビッグデータ活用に見る「現場の見える化」の重要性 | IT Leaders
IBMとダブリン・シティー大学、世界の水保全問題の解決へ向けIoT技術導入で共同研究を開始
素人だってパーソナルアシスタントを作れる!人工知能APIまとめ【2017年版】
欧州を代表するIoTプラットフォーマーがベールを脱いだ | IT Leaders
再配達の課題もIoT技術で解決、村田製作所がデモ
タトゥーも時代はIoT。音楽や声を波形にして彫っちゃう「Soundwave Tattoos」(しかも再生可能!)
さくら、IoT通信モジュールの Azureへの接続を1500万台以上に
富士通、現場コミュニケーションの活性化を支援するサービスを包括的に提供 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。