IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 グラフ型データベースは、フェイスブックといったSNS企業やアマゾンなどのECサイトが、知り合いを探し出したり、お勧め商品を抽出する目的で実用化している。GEはこれを工業分野でも活用できるように独自に開発を重ねた。

 一方、シーメンスはドイツのIT企業であるSAPと組んでこの問題を解決している。SAPはERP(統合業務パッケージ)を開発する世界でも有数のソフトウエア企業だが、同社はIoT時代をにらみ、データ処理を高速化した新しいデータベース「SAP HANA」を開発した。シーメンスのシステム基盤である「マインドスフィア」はSAPのデータベースとセットで提供されるケースも多い。

 HANAは、これまでハードディクス上に格納していたデータをメモリ上に移すことで、高速処理を実現している。つまり、既存のデータベースの仕組みはそのままに、処理の高速化に力点を置いた製品ということになる。

 データベースの高速化に対する米独のアプローチの違いは非常に興味深い。米国は数学的にまったく新しいアルゴリズムを採用し、抜本的なパフォーマンス改善を狙っている。GEのやり方は、リスクも大きいが、成功した時の効果もやはり大きい。一方、ドイツは、既存技術の延長線上としてデータベースの高速化を実現した。確実性を優先したやり方といえる。

 残念ながら、一連の開発競争の中に日本企業の名前は出てこない。GEとシーメンス=SAP連合は、初期の開発段階を終え、関連する業務アプリケーションの充実を図っている状況だ。両社の優位性は圧倒的に高く、IoTの業界では、しばらくの間、両者が世界をリードしていくことになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで介護スタッフの業務効率化、富士通が遠隔見守りサービスを拡充
アナリティクス分野の2018年とAI、IoT、マルチクラウド
総務省、IoT国際競争力指標(2016年)を公表、日本の競争力は2位に
サムスンの「音声操作」がここまできた! CES 2018に見る、未来みたいな日常
靴をAI搭載のIoT化するシューログプラットフォーム「ORPHE TRACK」
サムスン、IoT機器の管理を一元化する「SmartThings」アプリを提供へ
[1/26(金) 無料] 八子と小泉が語る、2018年のIoTとAI、CESレポートセミナー開催[PR]
今なら間に合うIoTセキュリティ 第8回 IoTセキュリティを考えるための方法論(2)スマートスピーカーの場合
半導体で実現する低コスト/高信頼のIoTセキュリティ
IoTを取り巻くエコシステムの選択肢をより豊かにしていく――Arm
家庭のIoT機器を狙う「サイバー攻撃ビジネス」--BBソフトサービスに聞く防衛策
成長が続くデジタルマーケティング市場、AIとIoTがカギを握る理由
スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(後編)――日本で普及する“第3の理由”
同時進行するデジタライゼーションによる、コネクテッド・インダストリーの全体最適と部分最適[Premium]
IoTから価値を得る3つの活用シナリオと2018年の動向予想
AI・金融・小売り業など各分野のエグゼクティブが予測する「2018年に起こるであろう18のこと」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。