IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 グラフ型データベースは、フェイスブックといったSNS企業やアマゾンなどのECサイトが、知り合いを探し出したり、お勧め商品を抽出する目的で実用化している。GEはこれを工業分野でも活用できるように独自に開発を重ねた。

 一方、シーメンスはドイツのIT企業であるSAPと組んでこの問題を解決している。SAPはERP(統合業務パッケージ)を開発する世界でも有数のソフトウエア企業だが、同社はIoT時代をにらみ、データ処理を高速化した新しいデータベース「SAP HANA」を開発した。シーメンスのシステム基盤である「マインドスフィア」はSAPのデータベースとセットで提供されるケースも多い。

 HANAは、これまでハードディクス上に格納していたデータをメモリ上に移すことで、高速処理を実現している。つまり、既存のデータベースの仕組みはそのままに、処理の高速化に力点を置いた製品ということになる。

 データベースの高速化に対する米独のアプローチの違いは非常に興味深い。米国は数学的にまったく新しいアルゴリズムを採用し、抜本的なパフォーマンス改善を狙っている。GEのやり方は、リスクも大きいが、成功した時の効果もやはり大きい。一方、ドイツは、既存技術の延長線上としてデータベースの高速化を実現した。確実性を優先したやり方といえる。

 残念ながら、一連の開発競争の中に日本企業の名前は出てこない。GEとシーメンス=SAP連合は、初期の開発段階を終え、関連する業務アプリケーションの充実を図っている状況だ。両社の優位性は圧倒的に高く、IoTの業界では、しばらくの間、両者が世界をリードしていくことになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

オムロン、製造現場の知能化を加速する、IoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ
日本オラクルと三菱電機、製造業向けIoT基盤開発で連携 | IT Leaders
総務省が進める、個人中心の医療健康データ流通環境とは(デジタルヘルス・レポート)
ソフトバンク、自動検針や遠隔遮断ができるLPガスメーター向け通信ボード
日立ハイテク、自社装置向けIoTサービスポータルを開発
リンクジャパン、既存エアコンをIoT化するデバイス「eRemote pro」を発表
ルンバのマップは売るの? 売らないの? iRobot社Vice Presidentに聞いてみた
NTTドコモ、AIを活用した1次産業向けIoTソリューション(ニュース)
オラクルのクラウドサービスと三菱電機の製造業のスマート化を実現するIoT基盤が連携へ
KDDIがソラコムを子会社化 自社技術と組み合わせIoT事業強化へ
NTTドコモ、1次産業向けにAIを活用したIoTサービスを提供 | IT Leaders
ソフトバンク、NB-IoTなど搭載のガスメーター向け通信ボードを開発
ドコモが農業・漁業向けに新IoTソリューション、AIで栽培ノウハウのデータベース化も対応
ソニーモバイル×東電EP、スマートホーム分野でIoTを活用した新サービス
ソフトバンク、LPガスメーター向けIoT通信ボードを開発へ
AIによる対話システム開発のNextreamer、産業革新機構と高知銀行から4.7億円を調達——AI/IoT関連技術の導入支援で、労働力の補填に期待感

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。