IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 IoTシステム基盤をひとくちで説明すると、IoTに関する情報処理を一手に担うソフトウエア群ということになる。パソコンやスマホの世界でいえば、ウィンドウズやアンドロイドといったOS(基本ソフト)に近い存在と思えばよい。

 IoTが実現すると、産業機器に搭載されている無数の部品から、ネットを経由して、随時、運転状況などに関するデータが送られてくる。データセンターではこれらの情報をリアルタイムに近い形で解析し、トラブルの発生を予測したり、必要な交換部品の手配を行う必要が出てくる。さらには、どのように機器を運転すれば、エネルギー消費が少なくなるのかといったアドバイスまで顧客に行う。

 従来の製造業はモノを作って顧客に納入すればそれで終わりだったが、IoT時代では、その後のメンテナンスや運用管理も含め、すべてを請け負うというスタイルに変わらざるを得ない。こうなってくると、製造業はもはやサービス業といっても過言ではない。IoTが現代の産業革命とまで言われるのは、IoTの普及によって製造業の概念が根本的に変わる可能性があるからだ。こうしたビジネスモデル変革のカギを握っているのが、システム基盤ということになる。

最も重要なのはデータベースの高速化技術

 システム基盤の中でも特に重要となる技術はデータベースだと言われる。IoTでは、世界中に散らばる無数の機器から送信されてくる大量のデータをリアルタイムに近いスピードで処理しなければならない。事業者が運用するシステムのデータベースには極めて大きな負荷がかかってくるが、従来のデータベースでは、処理能力には自ずと限界がある。つまり、IoTの処理に特化した高性能なデータベースを開発できるかが、IoTビジネスの勝負の分かれ目ということになる。

 この点において、GEとシーメンスは他社に比べてかなり先を行っている。GEは10億ドル以上の資金を投じてIoTシステム基盤である「プレディックス」を開発したが、ここでは、まったく新しいデータベース・システムが採用された。GEが採用したデータベースは「グラフ型データベース」と呼ばれるもので、これまで企業情報システムにおけるデータベースの主役だった「リレーショナル・データベース(RDB)」とは異なる概念で設計されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

アールエスコンポーネンツ、SIEMENSのIoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」をArduinoストアで販売
ソラコム、ヨーロッパ進出、利用可能デバイスを展示 -MWC2017レポート④
すすむ欧州のLPWA事情、ActilityのLoRaWANへの取り組み ーMWC2017レポート②
経産省 糟谷敏秀局長が、第4次産業革命には「ユースケース創出が重要」と語る理由
IoTを民主化したRaspberry Pi、その新型がもたらす「未来」
デバイスの爆発的増加でIoTが変えるビジネスモデルーー今後は開発者次第で推移する
スマホとつながる乾電池型IoTサービス「MaBeee」
Ubuntu Touch搭載スマホの新機種は当面無し コミュニティーによるポーティングが中心へ
米GEのIndustrial Internetの成果と進化 | IT Leaders
NVIDIAとボッシュ、量産車向けのAI自動運転コンピューター開発で協業
住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」、LINEで自宅のIoT機器操作が可能に
IoT機器が広がれば、セキュリティーにも気をつけたい
「あのドコモがここまでやっている」ベンチャー・パートナーとのイコールな関係をどう実現する?
人口減少時代を迎えた鉄道の未来--IoT×AIで実現するJR東日本の技術イノベーション
PALTEKなど、グローバル展開が可能なIIoTソリューションパッケージを発売
優れたIoT活用を表彰--経産省の「IoT Lab Selection」グランプリはCoaido

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。