IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 IoTシステム基盤をひとくちで説明すると、IoTに関する情報処理を一手に担うソフトウエア群ということになる。パソコンやスマホの世界でいえば、ウィンドウズやアンドロイドといったOS(基本ソフト)に近い存在と思えばよい。

 IoTが実現すると、産業機器に搭載されている無数の部品から、ネットを経由して、随時、運転状況などに関するデータが送られてくる。データセンターではこれらの情報をリアルタイムに近い形で解析し、トラブルの発生を予測したり、必要な交換部品の手配を行う必要が出てくる。さらには、どのように機器を運転すれば、エネルギー消費が少なくなるのかといったアドバイスまで顧客に行う。

 従来の製造業はモノを作って顧客に納入すればそれで終わりだったが、IoT時代では、その後のメンテナンスや運用管理も含め、すべてを請け負うというスタイルに変わらざるを得ない。こうなってくると、製造業はもはやサービス業といっても過言ではない。IoTが現代の産業革命とまで言われるのは、IoTの普及によって製造業の概念が根本的に変わる可能性があるからだ。こうしたビジネスモデル変革のカギを握っているのが、システム基盤ということになる。

最も重要なのはデータベースの高速化技術

 システム基盤の中でも特に重要となる技術はデータベースだと言われる。IoTでは、世界中に散らばる無数の機器から送信されてくる大量のデータをリアルタイムに近いスピードで処理しなければならない。事業者が運用するシステムのデータベースには極めて大きな負荷がかかってくるが、従来のデータベースでは、処理能力には自ずと限界がある。つまり、IoTの処理に特化した高性能なデータベースを開発できるかが、IoTビジネスの勝負の分かれ目ということになる。

 この点において、GEとシーメンスは他社に比べてかなり先を行っている。GEは10億ドル以上の資金を投じてIoTシステム基盤である「プレディックス」を開発したが、ここでは、まったく新しいデータベース・システムが採用された。GEが採用したデータベースは「グラフ型データベース」と呼ばれるもので、これまで企業情報システムにおけるデータベースの主役だった「リレーショナル・データベース(RDB)」とは異なる概念で設計されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、遠隔見守りで迅速な対応と介護スタッフの業務効率化を可能に | IT Leaders
製造業のIoT活用をはじめるためのTalendとClouderaのビッグデータ基盤 – マイナビニュースフォーラム 2017
IoTで介護スタッフの業務効率化、富士通が遠隔見守りサービスを拡充
アナリティクス分野の2018年とAI、IoT、マルチクラウド
総務省、IoT国際競争力指標(2016年)を公表、日本の競争力は2位に
サムスンの「音声操作」がここまできた! CES 2018に見る、未来みたいな日常
靴をAI搭載のIoT化するシューログプラットフォーム「ORPHE TRACK」
サムスン、IoT機器の管理を一元化する「SmartThings」アプリを提供へ
[1/26(金) 無料] 八子と小泉が語る、2018年のIoTとAI、CESレポートセミナー開催[PR]
今なら間に合うIoTセキュリティ 第8回 IoTセキュリティを考えるための方法論(2)スマートスピーカーの場合
半導体で実現する低コスト/高信頼のIoTセキュリティ
IoTを取り巻くエコシステムの選択肢をより豊かにしていく――Arm
家庭のIoT機器を狙う「サイバー攻撃ビジネス」--BBソフトサービスに聞く防衛策
成長が続くデジタルマーケティング市場、AIとIoTがカギを握る理由
スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(後編)――日本で普及する“第3の理由”
同時進行するデジタライゼーションによる、コネクテッド・インダストリーの全体最適と部分最適[Premium]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。