IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 ちなみにシーメンスは、1週間後に米マイクロソフトとの提携も発表している。シーメンスが持つIoTシステム基盤をマイクロソフトのクラウドサービスで利用できるようにする。一方のGEはその数日後、米国のAI(人工知能)ベンチャー2社を買収すると発表した。

 一連の買収案件のキーワードになっているのは「IoTシステム基盤」である。今回の買収では、このシステム基盤上で動作する応用ソフトウエアが主なターゲットとなった。このことは、IoTをめぐる初期の開発競争がすでに最終段階を迎えつつあることを意味している。

 産業向けIoTの分野については、おそらく来年あたりから、GEとシーメンスが提供するこれらのシステム基盤を中心に回り始めることになるだろう。後発の日本メーカーは、厳しい状況に追い込まれる可能性がある。その理由は、純粋な製造業の世界にも、日本が不得意とするIT業界のルールが持ち込まれてしまうからである。

カギを握るIoTシステム基盤

 これまで重電や機械といった分野は、メーカーごとに縦割りで製品を開発するという、いわゆる垂直統合モデルが主流だった。以前は電機の分野も同じだったが、IT化の波が一気に押し寄せ、垂直統合モデルから水平統合モデルにシフト。多くの日本メーカーがこの流れに追いつけず、競争力を失ったことは説明するまでもない。

 IoTの普及が、重電や機械といった分野に同じような動きをもたらす可能性が高いというのは以前から指摘されていた。ITの世界では、マイクロソフトやインテルといった企業が水平分業化の主役となったが、IoTの分野では誰がその役割を担うのか世界中の関係者が注目している。

 IoTは新しい技術なので、業界の動きもまだまだ流動的だが、少なくとも、現時点において業界の主導権を握っているのは、米GEと独シーメンスの2社であることはほぼ間違いない。そして、両社の力の源泉となっているのが、このIoTシステム基盤である

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

9/28緊急開催【参加無料&ビジネス誌の特典付き】『北九州でIoT』事業説明会! 開催記念セミナー(東京・大手町)参加者募集[PR]
NTTデータ、中国貴陽市とビッグデータ先進技術研究院設立
日立製作所、「回転偏波無線機」の試作に成功ーーIoTシステムの信頼性を向上
【特別企画】IoTで成功するために必要とされるものとは? 「IoT塾2017 東京」レポート
旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」が京都、大阪のホテルへ導入
シーメンス、日本国内で産業用IoT基盤の販売を拡大 - デジタル事業を推進
富士通がFIDO認証サービスを強化、スマホで生体認証可能に | IT Leaders
明電舎、IoTで安全衛生体制を強化--温湿度を測定、作業者の負荷を推定
IoTセキュリティー市場、4800億円規模の成長も
明電舎、富士通の「安全管理支援ソリューション」を変電所など10カ所に導入
ISID、農業IoT事業のベジタリアに約5億円を出資
エコモットと日本コムシスがIoT事業で協業、防災分野等のサービスを拡充
IoT人気記事ランキング|IFA2017レポートなど[9/4-9/10]
富士通、業務システムでスマートフォンを活用したFIDO認証
活用例から見る「IoT向けクラウド」の実力
衣服のIoTが「洗濯」という難敵を解決するには?【俺たちのIoT】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。