IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.05

日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相

BY

 ちなみにシーメンスは、1週間後に米マイクロソフトとの提携も発表している。シーメンスが持つIoTシステム基盤をマイクロソフトのクラウドサービスで利用できるようにする。一方のGEはその数日後、米国のAI(人工知能)ベンチャー2社を買収すると発表した。

 一連の買収案件のキーワードになっているのは「IoTシステム基盤」である。今回の買収では、このシステム基盤上で動作する応用ソフトウエアが主なターゲットとなった。このことは、IoTをめぐる初期の開発競争がすでに最終段階を迎えつつあることを意味している。

 産業向けIoTの分野については、おそらく来年あたりから、GEとシーメンスが提供するこれらのシステム基盤を中心に回り始めることになるだろう。後発の日本メーカーは、厳しい状況に追い込まれる可能性がある。その理由は、純粋な製造業の世界にも、日本が不得意とするIT業界のルールが持ち込まれてしまうからである。

カギを握るIoTシステム基盤

 これまで重電や機械といった分野は、メーカーごとに縦割りで製品を開発するという、いわゆる垂直統合モデルが主流だった。以前は電機の分野も同じだったが、IT化の波が一気に押し寄せ、垂直統合モデルから水平統合モデルにシフト。多くの日本メーカーがこの流れに追いつけず、競争力を失ったことは説明するまでもない。

 IoTの普及が、重電や機械といった分野に同じような動きをもたらす可能性が高いというのは以前から指摘されていた。ITの世界では、マイクロソフトやインテルといった企業が水平分業化の主役となったが、IoTの分野では誰がその役割を担うのか世界中の関係者が注目している。

 IoTは新しい技術なので、業界の動きもまだまだ流動的だが、少なくとも、現時点において業界の主導権を握っているのは、米GEと独シーメンスの2社であることはほぼ間違いない。そして、両社の力の源泉となっているのが、このIoTシステム基盤である

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー
IoT国際競争力は主要10カ国中で第3位、「スマート工場」や「スマートシティ」に力
MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始
自転車通勤IoTの実証実験、Cerevoの「RIDE-1」で走行データ収集、「SAP HANA」で可視化して共有 
総務省、ドイツとの「ハノーバー宣言」に署名しICT分野の協力を進める、NICTとドイツ人工知能研究所がIoT/AI協力に係る覚書へ署名

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。