IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2016.12.01

第3の感覚“触覚”によって広がる未来
新たなコンテンツの可能性と精度の高い技術習得

BY

近年、VR技術の発達とともに、視覚・聴覚に次ぐ第3の感覚として注目を集めている触覚。触覚技術をより多くの人に使ってもらえるようにと開発されたTECHTILE toolkit(テクタイルツールキット)のプロジェクトに携わった慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)に所属する柴崎美奈氏(以下、柴崎氏)に話を伺った。

触覚技術を多くの人に提供するための「TECHTILE toolkit」

触覚技術を扱える人を増やそうと2011年に始まったプロジェクトのTECHTILE toolkitは、触感を記録・再生するためのツールキット。センサによって得られた触感(振動)をアンプによって増幅させ、アクチュエーターを通じて伝えるシンプルな仕組みとなっている。

本体1台、マイクパック(触感センサ)1個、振動パック(アクチュエーター)1個、電源(アンプシステム)1台のセットで、触感データの加工、記録、再生などを可能にしてくれるソフトウェア(maxmspパッチ)はTECHTILEのウェブサイトでオープンソースとして取得可能だ。

左:低周波をとりやすくした触感センサ 右:アクチュエーター
振動を増幅させるアンプシステム

簡単な操作で子供でも扱えるつくりということなので、実際に簡単な触感再生システムを作ってみた。紙コップを2つ用意し、触感センサと振動子をそれぞれに設置。アンプのスイッチをつけるだけで触感を再現できる。センサのついた紙コップに砂やビー玉を入れたら、振動子のついている空の紙コップで同じ触感を体感することができた。

紙コップの表面にセンサと振動子を設置すれば簡単な触感再生システムの完成

触感を“デザイン”するハプティックデザイン

TECHTILE toolkitのプロジェクトでは、アーティストやデザイナーなど、クリエイティブな活動に関わる人にキットを配布。そこで触感をコンテンツとして表現できる可能性を見出せたという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。