IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2016.12.01

第3の感覚“触覚”によって広がる未来
新たなコンテンツの可能性と精度の高い技術習得

BY

近年、VR技術の発達とともに、視覚・聴覚に次ぐ第3の感覚として注目を集めている触覚。触覚技術をより多くの人に使ってもらえるようにと開発されたTECHTILE toolkit(テクタイルツールキット)のプロジェクトに携わった慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)に所属する柴崎美奈氏(以下、柴崎氏)に話を伺った。

触覚技術を多くの人に提供するための「TECHTILE toolkit」

触覚技術を扱える人を増やそうと2011年に始まったプロジェクトのTECHTILE toolkitは、触感を記録・再生するためのツールキット。センサによって得られた触感(振動)をアンプによって増幅させ、アクチュエーターを通じて伝えるシンプルな仕組みとなっている。

本体1台、マイクパック(触感センサ)1個、振動パック(アクチュエーター)1個、電源(アンプシステム)1台のセットで、触感データの加工、記録、再生などを可能にしてくれるソフトウェア(maxmspパッチ)はTECHTILEのウェブサイトでオープンソースとして取得可能だ。

左:低周波をとりやすくした触感センサ 右:アクチュエーター
振動を増幅させるアンプシステム

簡単な操作で子供でも扱えるつくりということなので、実際に簡単な触感再生システムを作ってみた。紙コップを2つ用意し、触感センサと振動子をそれぞれに設置。アンプのスイッチをつけるだけで触感を再現できる。センサのついた紙コップに砂やビー玉を入れたら、振動子のついている空の紙コップで同じ触感を体感することができた。

紙コップの表面にセンサと振動子を設置すれば簡単な触感再生システムの完成

触感を“デザイン”するハプティックデザイン

TECHTILE toolkitのプロジェクトでは、アーティストやデザイナーなど、クリエイティブな活動に関わる人にキットを配布。そこで触感をコンテンツとして表現できる可能性を見出せたという。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]
マカフィーに聞くIoTセキュリティ - 業界別対策と野良デバイス対策がキモ
GSMA、IoTソリューションの成長を支援するため、IoTビッグデータ・ディレクトリーをリリース
IoTトイレで水道代を50%節約し、空室状態を可視化することで業務の効率化 ─KDDI IoTクラウド 新サービス
世界最小クラスのIoT紛失防止タグ「MAMORIO」に3つの新色が登場!
NSW、IoTクラウドプラットフォームをAzure上に構築する「Toami on Azure」
元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界
AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは
電気ケトルなど家電の使用をトラッキングして遠方の家族の安全をスマホで知るIoTセンサー「Howz」
IoT人気記事ランキング!docomoスマートパーキングシステムや、マイクロソフトの「Office 365」など [2/13~2/19]
セラク、タキイ種苗と農業IoTサービス「みどりクラウド」の販売代理店契約を締結
IoTセキュリティ対策を検討する“その前に”――企業がまず考えるべきこと
中堅・中小企業が「IoT投資」で売上増に結びつける「最短の」方法
国内IoT市場は2021年までCAGR17.0%で成長――IDCがユースケース別/産業分野別予測
KDDI、トイレの満空情報をIoT+クラウドで提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。