IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
コミュニケーション
2016.12.01

第3の感覚“触覚”によって広がる未来
新たなコンテンツの可能性と精度の高い技術習得

BY

近年、VR技術の発達とともに、視覚・聴覚に次ぐ第3の感覚として注目を集めている触覚。触覚技術をより多くの人に使ってもらえるようにと開発されたTECHTILE toolkit(テクタイルツールキット)のプロジェクトに携わった慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)に所属する柴崎美奈氏(以下、柴崎氏)に話を伺った。

触覚技術を多くの人に提供するための「TECHTILE toolkit」

触覚技術を扱える人を増やそうと2011年に始まったプロジェクトのTECHTILE toolkitは、触感を記録・再生するためのツールキット。センサによって得られた触感(振動)をアンプによって増幅させ、アクチュエーターを通じて伝えるシンプルな仕組みとなっている。

本体1台、マイクパック(触感センサ)1個、振動パック(アクチュエーター)1個、電源(アンプシステム)1台のセットで、触感データの加工、記録、再生などを可能にしてくれるソフトウェア(maxmspパッチ)はTECHTILEのウェブサイトでオープンソースとして取得可能だ。

左:低周波をとりやすくした触感センサ 右:アクチュエーター
振動を増幅させるアンプシステム

簡単な操作で子供でも扱えるつくりということなので、実際に簡単な触感再生システムを作ってみた。紙コップを2つ用意し、触感センサと振動子をそれぞれに設置。アンプのスイッチをつけるだけで触感を再現できる。センサのついた紙コップに砂やビー玉を入れたら、振動子のついている空の紙コップで同じ触感を体感することができた。

紙コップの表面にセンサと振動子を設置すれば簡単な触感再生システムの完成

触感を“デザイン”するハプティックデザイン

TECHTILE toolkitのプロジェクトでは、アーティストやデザイナーなど、クリエイティブな活動に関わる人にキットを配布。そこで触感をコンテンツとして表現できる可能性を見出せたという。

JBPRESS

あわせてお読みください

コミュニケーション

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第7回:教育のICT活用で浮かび上がる課題とは

あらゆるモノにAIが搭載され、あらゆるモノがインターネットにつながっている現代において「まったくインターネットが通っていない場所」を探すのは日本ではもはや難しくなっています。

2017.01.13
ライフスタイル

IoTで駐車場予約。「toppi!」で広がる可能性

駐車場の事前予約で満車時の課題を解決。将来的には「IoT」と「AI」でダイナミックプライシングも。

2016.12.28
テクノロジー

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった

アルス古川のプチぷよは、“幻のトマト”と言ってよい。なぜなら食べられるのは1年の中で7~8月だけ、そのうえ会津坂下町に来なければ手に入らないからだ。

2016.12.26
スマートハウス

貸会議室で鍵の受け渡しを不要にするスマートロックの実証実験

貸会議室やレンタルスペースの運営でネックとなるのが、鍵の受け渡し。その手間や人的コストを削減と安全性の向上に期待できるのが、スマートロックだ。実証実験が始まった。

2016.12.20
スマートハウス

スマートロック採用がアパート経営のメリットに
孫を鍵っ子にしないスマートホームで家族の生活に安心を <PR>

インテリジェントホームのサービスは、人々の生活に何をもたらすのでしょうか。そのサービスの1つ、スマートロックを導入したアパートオーナーを訪ねました。

2016.11.30

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。