最強の風味「くさや」はどうして誕生したのか

古の知恵が生んだ独特の水産発酵食品

2016.12.02(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要
水産発酵食品のひとつ「くさや」。独特の強いにおいがする。

 いよいよ師走。街角の商店ではさまざまな水産加工品に目が行く季節だ。私たちの身の回りにはたくさんの魚介類を加工した食品があるが、中には発酵を利用したものもある。「くさや」や「塩辛」などの独特の風味は、発酵により生まれたものなのだ。

魚介類は腐りやすい

 海に囲まれた日本では、たくさんの魚介類が利用されている。魚介類は「鮮度が命」と言われるのは、裏を返せば鮮度が低下しやすいことを意味する。そのため、鮮度の低下を抑えて保存するために、塩漬けにしたり、干したり、あるいは練り製品にしたりと、さまざまな工夫がされている。

 魚介類は死後、筋肉が硬くなる死後硬直が起こり、その後、次第にやわらかくなる自己消化が進み、腐敗する。「活きがいい」といわれるのは死後硬直までで、その後はどんどん鮮度が低下し「活きが悪くなる」。

 このような変化が起こるのは、魚介類が持つ酵素と微生物の作用による。畜肉でも同じ変化は起こるが、水分が多く、組織が柔らかい魚介類のほうが、自己消化が早く進み、微生物が増殖しやすい。そのために鮮度が低下しやすいのである。

 魚介類の加工食品には、この鮮度低下に関わる酵素や微生物の作用を積極的に利用して、保存性を向上させた上に、独自の風味を持たせたユニークなものがある。くさやや塩辛、魚醤油、ふなずしやいずしなど、水産発酵食品と呼ばれるものだ。これらは、いずれも独特の香りや風味をもち、クセになる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。