IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.30

innovators 情熱のカラクリ 第1回:ユカイ工学代表青木俊介氏
幼いころからロボットにこだわる起業家が思う究極のIoTとは

BY

 子どものころに夢見た職業につけた人はどれくらいいるのだろう? おぼろげに思い描いていた夢がいつしかしっくりこなくなったり、やっぱり無理だと諦めたりした人も多いかもしれないが、ユカイ工学代表の青木俊介氏(以下、青木氏)は中学2年生のころに心に決めた夢を実現させている。

ユカイ工学代表 青木俊介氏

夢のきっかけは「ターミネーター2」

 「中学2年生のときに映画『ターミネーター2』にはまったんです。その中に人工知能をパソコンで作っているエンジニアが出てくるんですが、それがすごくかっこよかったんですよ。それからこういう人になろうと思って、ロボットを作りたいと思うようになりました」

 そう話す青木氏の目の前には、同社の開発した最新型のロボット「BOCCO(ボッコ)」がいる。

 2007年に創業したユカイ工学は、これまでパソコンにつないでかわいがることのできる手のひらサイズのロボット「ココナッチ」や、iPhoneやiPadのためのツールキットである「konashi」などを発表している。

 ココナッチは卵のような丸みを帯びたロボットで、メールなどを受信すると音や動きでお知らせしてくれる。また、konashiはフィジカルコンピューティングツールキットでソフトウエアエンジニアやデザイナーが手軽にプロトタイピングを行うことができ、どちらも発表直後から注目を集めていた。

 ユカイ工学の歴史は、IPA(情報処理推進機構)から未踏プロジェクトの採択を受けて、開発資金を獲得したところから始まる。そして、今年6月にけいはんなATRファンドからの1億円の資金調達をするまでは外部の資金を入れてこなかった。

 このファンドは、もとはNTTやKDDIを株主とした研究機関で音声処理に強い。「音環境知能技術」などをBOCCOに取り入れることを目指しての投資だという。これまで、ユカイ工学は外部から受注した受託開発で会社を回していたが、ここから自然な会話を実現する家庭内ロボットの開発を加速させる。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携
オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表
”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介
ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始
KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders
東芝デジタルソリューションズ、IoTやビッグデータに適したスケールアウト型データベース「GridDB」機能強化版を提供開始
IoTの力で防犯対策。「ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro」導入レビュー
レノボが「目覚まし時計」に注力する理由──Matt Bereda氏に聞く
「Azure Digital Twins」でスマートシティの影響を評価--まるで「シムシティ」
倒れた人を見つける家、積水ハウスのスマートホーム構想
NEC、IoT領域でウフルと協業--データ活用型の新事業創出を支援
セールスフォース、IoTデータを利用してプロアクティブなサービス提供を可能にする「Field Service Lightning」の新機能
【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】“8Kと第3の軸”、曲がり角にさしかかるビデオカメラ。シャープとキヤノンの場合
BlackBerry、セキュアなIoTデバイス開発を支援するパッケージ提供
キヤノンとHPE、NSWがIoTスマートファクトリー分野で協業
Sigfox基地局とスカパーJSATの衛星通信回線が相互接続

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。