IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.30

innovators 情熱のカラクリ 第1回:ユカイ工学代表青木俊介氏
幼いころからロボットにこだわる起業家が思う究極のIoTとは

BY

 子どものころに夢見た職業につけた人はどれくらいいるのだろう? おぼろげに思い描いていた夢がいつしかしっくりこなくなったり、やっぱり無理だと諦めたりした人も多いかもしれないが、ユカイ工学代表の青木俊介氏(以下、青木氏)は中学2年生のころに心に決めた夢を実現させている。

ユカイ工学代表 青木俊介氏

夢のきっかけは「ターミネーター2」

 「中学2年生のときに映画『ターミネーター2』にはまったんです。その中に人工知能をパソコンで作っているエンジニアが出てくるんですが、それがすごくかっこよかったんですよ。それからこういう人になろうと思って、ロボットを作りたいと思うようになりました」

 そう話す青木氏の目の前には、同社の開発した最新型のロボット「BOCCO(ボッコ)」がいる。

 2007年に創業したユカイ工学は、これまでパソコンにつないでかわいがることのできる手のひらサイズのロボット「ココナッチ」や、iPhoneやiPadのためのツールキットである「konashi」などを発表している。

 ココナッチは卵のような丸みを帯びたロボットで、メールなどを受信すると音や動きでお知らせしてくれる。また、konashiはフィジカルコンピューティングツールキットでソフトウエアエンジニアやデザイナーが手軽にプロトタイピングを行うことができ、どちらも発表直後から注目を集めていた。

 ユカイ工学の歴史は、IPA(情報処理推進機構)から未踏プロジェクトの採択を受けて、開発資金を獲得したところから始まる。そして、今年6月にけいはんなATRファンドからの1億円の資金調達をするまでは外部の資金を入れてこなかった。

 このファンドは、もとはNTTやKDDIを株主とした研究機関で音声処理に強い。「音環境知能技術」などをBOCCOに取り入れることを目指しての投資だという。これまで、ユカイ工学は外部から受注した受託開発で会社を回していたが、ここから自然な会話を実現する家庭内ロボットの開発を加速させる。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

GMOグローバルサイン、IoT機器メーカー向けの認証局運営サービス「マネージドPKI for IoT」
富士通、インテルの工場でIoTによる工場全体の生産効率可視化システム実証
ロボット「Tapia」がヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」と連携 買い物機能を提供へ
KDDI、中部電力など、LPWAを活用した中小企業のIoT事業創出に向け取り組みを開始
フリービット、旭鉄工グループのi Smart TechnologiesとIoT事業の拡大に向けた戦略的業務提携を締結
ユビキタスとソーバル、IoTトータルソリューションの提供で協業
デンソーと東芝、IoTを活用したものづくりや高度運転支援・自動運転などの分野で協業
経産省、「データ流通プラットフォーム間の連携を実現するための基本的事項」を公表
IBMがWatsonベースの検品システム--使うほど有効に
準備できていますか? データを活用に導く5つのポイント 第1回 5つのData Ready
KDDIと中部電力、LPWAを活用したIoT事業創出へ 中小企業のパートナーを募集
ソフトバンクと藤枝市が取り組む、LPWAネットワークの実証実験 -説明会レポート
製造業とサービス業のIoT実態調査、37%がIoT活用を「検討」以上の段階に~富士通クラウドテクノロジーズ
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
三菱電機のFAソリューションがSAPのクラウド基盤と連携し機能拡張 | IT Leaders
富士通、インテルのペナン工場でIoTを活用した工場全体の生産効率可視化システムの共同実証を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。