IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.01

あと3年で自動運転車が街の中を走り始める!
アップデートで可能性を拡げていくIoTのクルマ

BY

自動運転技術によって、未来のクルマはどうなっていくだろうか。(写真はイメージ)

 近年のIT技術やIoTへの知見の蓄積などから、「自動運転」は今や夢物語ではなく、現実味のある計画として語られるようになってきた。実際のところ、どのくらいのタイムスパンで実現され、それによってどのようなライフスタイルやビジネスがもたらされるのだろうか。

 自動運転技術の開発に古くから取り組んできた、インテル株式会社 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト(兼)ダイレクターの野辺継男氏に話を聞いた。

インテル株式会社 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト(兼)ダイレクターの野辺継男氏。

* * *

コンピュータの進化の先にIoTと自動運転

――自動運転はコンピュータと切り離して考えることはできません。クルマとコンピュータの関係から聞かせてください。

野辺継男氏(以下、敬称略) クルマの中にコンピュータが入るのは必然性があります。

 クルマがどういう環境で走っているのかセンサーで認識し、走行状態もクルマの上のコンピュータが分析します。さらに、多くのクルマからのデータをクラウドに送り、分析することで、環境と走行状態を照らし合わせて安全な運転が支援可能となります。また、そうした多くのクルマからのデータに基づき地図が更新されていきますが、それをまた参照しながらクルマが走るといった形で、通信とデータセンターを介した情報の循環が生まれることが非常に重要です。これはまさにIoTです。

 以前はテレマティクスと言われた考え方ですが、日本では海外よりも携帯データ通信が発達し、カーナビゲーションの装着率も高かったため、2004年頃から比較的多くのクルマがデータセンターに接続され、IoTという言葉がまだ生まれていない頃から実はクルマはIoTを実現していたと言えます。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発
IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)
IoTに必要な一式をトータル提供するMOVIMAS、農業から工場、見守りまで幅広い領域をカバー
NTT東日本、映像データ解析やビーコンを用いた農業IoTの共同実証実験を実施
「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示
KDDIとセコム、5GのアップリンクでマルチユーザMIMOでの映像伝送に成功
【ワイヤレスジャパン2017】簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも
フリービットら4社、「LoRaWAN」を用いたIoT事業化実証実験を共同で実施
ローム、京都大学、NextDrive、日新システムズ、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功
インテルとハネウェル、物流業界のスマート化を目指して協業
NTT東日本、農業IoT共同実証実験を開始
日立、IBM z Systemsをベースとした新メインフレーム環境を2018年度から提供
NTT東、「ミリ波」と「Wi-Fi」を活用した畜産IoTの実証実験――センサー不要で牛はストレスフリー
「IoT × Subscription Day – IoTビジネスを創る、つなげる – 」 ユニアデックス株式会社協賛セミナー6/22開催[PR]
スマートリモコンで「外付けIoT」、すぐにはIoT化が難しい生活家電をIoT化【俺たちのIoT】
IoT人気記事ランキング|主要メーカーの自動運転車プロジェクト、三越伊勢丹とソフトバンクによる期間限定ストアなど [5/15-5/21]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。