IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.18

年間5000戸へ供給も、スマートホームのハブ目指す「TATERU kit」

BY

 スマートホーム市場はさまざまなプレーヤーが登場し、混迷を深めている。CATVや通信会社などはもとより、Panasonicやボッシュなどもスマートホームプラットフォームへ参入。また、IoTのスターットアップ(ベンチャー)も複数登場している。

家を制するのは誰だ? しのぎを削るスマートホーム市場

 かつてはリビングを制するのは誰か? という争いが起きたが、今は家を制するのは誰かといったところだ。

 各社の戦略は大きく2つに分けられる。1つは、すべてを自社でコントロールしていく手法で、Panasonicなどがこれにあたる。もう1つは、Qrioなどドアの開閉だけに機能を特化させ、ニッチ戦略を取っているケースだ。

 こうした各社の取り組みの中で、異なる戦略を取っているのがインベスターズクラウドの「TATERU kit」だ。インベスタークラウドは、スマートフォンのアプリなどをコミュニケーションツールとしてアパート経営のトータルサポートを行う企業で、「TATERU kit」はこのアパート経営の付加価値創造の一環として生まれたスマートドアホンサービスで2017年に本格運用をスタートさせる予定だ。

TATERU kit
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。