(英フィナンシャル・タイムズ紙 2016年11月15日付)

インド、高額紙幣の流通を突如停止 腐敗対策で

インドの首都ニューデリーの自宅で500ルピーと1000ルピーの紙幣を手にする住民(2016年11月8日撮影)。(c)AFP/PRAKASH SINGH〔AFPBB News

 携帯電話が鳴ったのは、ちょうど私が南インドの軽食スタンドのカウンターに500ルピー札を置いたときのことだった。

「モディ(首相)のテレビ演説を見ている?」。同僚が興奮した様子でこう言ってきた。「500ルピー札と1000ルピー札を全部廃止するみたいだよ」。こうして、私は自分の家族――および12億人のインド人――がまだ抜け出すことのできない大混乱に放り込まれた。

 ほかの経済国も、主に違法な活動に使われていると結論付け、高額紙幣を段階的に廃止している。米国は数十年前に500ドル札と1000ドル札の印刷をやめたし、欧州中央銀行(ECB)は500ユーロ札を廃止する。

 だが、インドの「高額」紙幣――500ルピーは7.50ドル、1000ルピーは15ドル程度――は、ただの犯罪組織の通貨ではない。金額ベースで、この急成長を遂げる経済国で流通している現金の86%を占めている。これらの紙幣は日常生活の通貨であり、メイドや運転手、警備員、建設作業員、タクシーなどにお金を払い、食料品販売で圧倒的に大多数を占める小規模商店から果物や野菜を買うために使われているのだ。

 不法所得や税金がかかっていない「ブラックマネー」の保有者をあぶり出すことを目指し、220万枚の紙幣が先週、一夜にして廃止された。これは、ほとんど前例のない実験だ。このようなショック療法は主に、強烈な危機に見舞われている国で用いられた。第2次世界大戦後のドイツや崩壊直前のソビエト連邦、ジンバブエのようなハイパーインフレに見舞われた経済国などが、その例だ。

 当初、私は心配していなかった。廃止される高額紙幣を現金で500ドル分ほど持っていたが、政府は12月30日までこれら紙幣を銀行に預金することを認めている。もっと大きな心配事は、日常の生活必需品のために使うお金を確保することだった。

 いくつもの鞄と引き出しをあさり、10ルピー札、20ルピー札、50ルピー札、100ルピー札で合計1100ルピーほど見つけた。それに100ルピー分ほどの硬貨も見つけた。これでは、長くは持たない。新鮮な果物や野菜、肉、魚の大半は、規模が小さい非公式な業者から買っており、こうした業者はほとんどクレジットカードを使う設備が備わっていないからだ。