「ミツバチ問題」は農薬規制だけでは解決しない

養蜂とはちみつの過去・現在・未来(後篇)

2016.09.23(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

「養蜂というとはちみつに視点が向かれがちですが、やるべきことは養蜂用のミツバチを地元で確保すること」と、中村氏は狙いを話す。もも、すもも、黄桃と果樹農業の盛んな山梨県では、送粉者としてのミツバチの存在は欠かせない。「他県から導入しているミツバチをここで生産できれば、農家の方々にも利点になります」。

「耕作放棄地のお花畑化プロジェクト」。地主から土地を借り受ける。甲府市農業委員会など行政も協力。地域活性化や認知普及の目的から、種まきやはちみつ採取の体験ツアーなどを行う構想も。(写真提供:中村純教授)
拡大画像表示

 養蜂家でなくても、農作に携わる多くの人は、ミツバチたちによる受粉という形で恩恵を受けている。農業環境技術研究所によると、養蜂しているミツバチを含む飼養昆虫による送粉サービスの経済価値は、2013年時点で1400億円に上ったという(参考:農作物の花を訪れる昆虫がもたらす豊かな実り)。

「果樹の栽培などでも生産性が高まるということに、多くの方に注目してもらえたら」と中村氏は話す。

広い視点でミツバチの将来を考える意識を

 花のある場所でミツバチは花の蜜を集め、巣に持ち帰り、はちみつに加工し、そして貯蔵する。はちみつができるまでの過程を、ミツバチはすべて引き受けてくれている。それだけではない。花粉を運ぶミツバチたちの行為は、農作物が実をつけるまでに必要な受粉をも担ってくれる。人間は、この2つの観点からミツバチを育てることを考えていくべきと中村氏は見る。

養蜂の様子。巣箱にはミツバチが鈴なりにいる。

「まだ多くの養蜂家は、はちみつを生産することこそ養蜂と考えるあまり、花畑はミツバチが繁殖するための環境でもあるという意識が曖昧です。土地には限りがあります。はちみつ用の蜜源だけを植えるだけではミツバチが育ちません。意識を変えていく必要があります」

 はちみつとともに、はちみつ以外でのミツバチ生産物の利用も進んでいけば、そこから新たな産業や研究が起きてくる可能性もある。それは、今までの日本では決して成熟しているとはいえなかった養蜂文化の発展にもつながるだろう。

 人間はミツバチから恩恵を受けてきた。その恩恵に対する報い方を、人間は今こそ考えるべき時だ。人間とミツバチの共生関係が深まるかどうかは、これからの人間の行為にかかっている。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。