(英フィナンシャル・タイムズ紙 2016年9月9日付)

ブラジル大統領が弾劾裁判に出廷、「罷免はクーデター」と訴え

ブラジル上院で開かれている弾劾裁判で弁明を行うジルマ・ルセフ大統領(2016年8月29日撮影)。(c)AFP/EVARISTO SA〔AFPBB News

 ブラジルは未来の国であり、未来の国であり続ける。ブラジルは真面目な国ではない。ブラジルでは、過去さえ不確かだ――。

 くどくて、侮蔑的で、極端すぎる一般化だろうか。確かにそうだが、ブラジル人が時々外国人を相手に自国を表現する決まり文句は、驚くほど正確だ。ブラジルがジルマ・ルセフ氏の大統領弾劾に揺らいでいる今、最後の言葉は特に的確に思える。

 ルセフ前大統領はブラジル上院に弾劾・罷免され、ミシェル・テメル新大統領が後を継いだ。経済学者と政治学者は、これが2018年の大統領選挙に及ぼす影響を綿密に調べてきた。

 ルセフ前大統領と敵対する勢力は歓声を上げた。一方、前大統領の支持者たちは時に暴力的な全国デモを実施し、ルセフ氏の弾劾・罷免は「クーデター」だと非難した。

*  *  *

 だが、ブラジルの多くの一般市民と話をすると、絶望感も歓喜も感じられない。彼らはとにかく、何が起きたのか全く分かっていないのだ。

 弾劾から1週間経った日、筆者はサンパウロ中心部のセー広場で午後を過ごし、なぜルセフ氏がもう大統領でないのか、その理由を無作為に聞いて回った。

 この広場は、極めて敬虔な信者やクラックコカインの常習者、その間に入るすべての人が集う場だ。結局、10人の人と話をした。道路の清掃人と学生、ビルの管理人、農家、システムアナリスト、エレベーターガール、靴磨き、高齢者の介護人、公証人、そして違法にサングラスを販売している業者という顔ぶれだ。

 正しい説明ができた人は誰もいなかった。公証人と清掃人とサングラスの業者が正解に一番近く、ルセフ氏は「財政法」に違反したと言った。しかし、後にこの法律が何を意味するのか分からないと認めた。5人はルセフ氏は汚職のために弾劾されたと言い、1人はブラジルの高いインフレ率のせいだと言い、靴磨きは分からないと言った。

 3人(農家の人と学生と介護人)は、誰が大統領か知らなかった。「彼の名前は確か、『R』で始まったと思う」。介護人はこう言ってから、笑顔を浮かべ、「実は私も大統領になりたいんだよ、お金持ちになれるからね」と付け加えた。