IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.28

巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃
IoT時代、<企業のなりわい>が変わる

BY

 また、金融業の世界でもグローバル化やフィンテックを武器にグーグルやアップルのようなIT企業が台頭し、ローカル(国・地域単位)でビジネスを展開する銀行・証券・保険会社を「資産運用コンサルティング業」という大きな傘で覆ってしまう可能性も少なくはないだろう。

 また同じ理屈で、アマゾンや楽天のようなECサイト運営を「なりわい」として来た企業が、テレビ、ゲーム、映画、音楽などエンターテインメントを横断する「オフタイムの楽しい過ごし方の提案業」の中核プレイヤーとして新たな存在感を増すかもしれない。

 今後、多くの企業は中長期の競争戦略を検討する際に、既存競合よりも、新規参入や代替品の脅威に対して、より注意深い目配りが必要になるだろう。

あなたの企業はIoTという破壊的イノベーションを乗り越えられるか

 2015年の家電見本市「CES」(Consumer Electronics Show、米国ラスベガスで開催)で、シスコシステムズのCEO、ジョン・チェンバースは、以下のような趣旨の発言をして大きな注目を浴びた。

「IoTによってすべての国、都市、企業、家、ヒト・・・何もかもがコネクトされる。そしてすべての、どのような業種であろうとハイテク企業になる。それはテクノロジーによってすべてのビジネスの変化のスピードがさらに増すことを意味している」

「今後10年間でフォーチュン500企業の中で生き残れる企業は40%程度に過ぎない。テクノロジーによる破壊的イノベーションは今そこに起きている現実であり、巨大企業であっても自らが破壊者にならなければ生き残れない」

 もはや「破壊的イノベーション」はスタートアップ企業の専売特許ではない。変化の激しいマーケットでは、破壊者としての気概を持ち、市場の競争ルールをその手にしたものだけが生き残る。

 翻って、あなたの企業はどうだろうか。「なりわい」を変革して、成長のためのさらなるロードマップを描く企業になれるだろうか。それとも、IoTという破壊的イノベーションを乗り越えて生き残る40%の企業のリストから漏れてしまうだろうか。

 いずれにせよ、ここ1〜2年での企業経営の舵取りがその命運を決めると言っても過言ではない。IoT時代の競争優位は、企業規模や目先のマーケットシェアではなく、「学習能力の速さ」なのだから。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

アールエスコンポーネンツ、SIEMENSのIoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」をArduinoストアで販売
ソラコム、ヨーロッパ進出、利用可能デバイスを展示 -MWC2017レポート④
すすむ欧州のLPWA事情、ActilityのLoRaWANへの取り組み ーMWC2017レポート②
経産省 糟谷敏秀局長が、第4次産業革命には「ユースケース創出が重要」と語る理由
IoTを民主化したRaspberry Pi、その新型がもたらす「未来」
デバイスの爆発的増加でIoTが変えるビジネスモデルーー今後は開発者次第で推移する
スマホとつながる乾電池型IoTサービス「MaBeee」
Ubuntu Touch搭載スマホの新機種は当面無し コミュニティーによるポーティングが中心へ
米GEのIndustrial Internetの成果と進化 | IT Leaders
NVIDIAとボッシュ、量産車向けのAI自動運転コンピューター開発で協業
住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」、LINEで自宅のIoT機器操作が可能に
IoT機器が広がれば、セキュリティーにも気をつけたい
「あのドコモがここまでやっている」ベンチャー・パートナーとのイコールな関係をどう実現する?
人口減少時代を迎えた鉄道の未来--IoT×AIで実現するJR東日本の技術イノベーション
PALTEKなど、グローバル展開が可能なIIoTソリューションパッケージを発売
優れたIoT活用を表彰--経産省の「IoT Lab Selection」グランプリはCoaido

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。