(英フィナンシャル・タイムズ紙 2016年8月24日付)

夜のスイス国立銀行(左)と連邦議事堂(右)。 Photo by Hpschaefer.

 安全だが、まだ余震にもろいスイスは、欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票など、金融市場の地震を観察するのに格好の場所だ。

 世界屈指の資産家一族や裕福な起業家の富の多くは、チューリヒやジュネーブの銀行を経由して動く。「避難通貨」であるスイスフランは、世界の投資家の緊張度を測る尺度になる。2007年以降の世界危機およびユーロ圏危機の最も緊迫した局面では、スイス国立銀行(SNB、中央銀行)によって対ユーロ相場に上限が設定された2011年9月から昨年1月までの期間を除き、スイスフランが急騰した。

 だが今のところ、多くの人にとって意外なことに、「ブレグジット(英国のEU離脱)」決定はスイスの通貨と同国の裕福な経済に予想されたような影響を及ぼしていない。これは世界の投資家にとって朗報かもしれないし、中央銀行の行動がボラティリティー(市場の振れ)を抑制し、市場のシグナルを歪めているという最新の不吉な警鐘かもしれない。残念なことに、後者である可能性のほうが高い。

 当初、6月23日の英国国民投票は、重大かつ予想外のマイナス材料になるか、あるいは動転した顧客のために売買することから得られる短期的な収益増を期待したスイスの銀行にとって予想外のプラス材料になると思われた。

 実際、スイスの銀行家らは今年1~3月期に世界的な市場の混乱が活動をまひさせたと不満をこぼしていたが、銀行各行の第2四半期の業績はブレグジット決定を取り巻くボラティリティーによって底上げされた。

 違いは何だったのかと言えば、ブレグジット決定は当初、欧州にとって明白な凶報と見なされていたことだ。「下げるにせよ上げるにせよ、市場に明確な方向性を与える出来事があれば、その瞬間に売買高が増える」。ジュリアス・ベアのボリス・コラディ最高経営責任者(CEO)はこう説明する。だが、その後は、ブレグジット決定の余波はさほど危険ではないように見えた。

 確かに、スイスフランは英ポンドに対して急騰した(あるいは、ポンドが他通貨に対して急落したと言ったほうが適切かもしれない)。英国のテリーザ・メイ首相は休暇でスイスを訪れたものの、今ではスイスの山でハイキングする英国人観光客を見つけるのが難しくなっている。だが、スイスフランはユーロに対してほとんど上昇せず、今年4月の水準を下回っている。