IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.08.30

北米のスマートホームはIoTをどう使っているのか
サーモスタット、カメラ、照明器具、カギ~すべてをConnect

BY

 類似のキーワードとして、インターネットにつながる車を表現する「Connected Car」、都市を構成するモノがつながることを表現する「Connected City」という用語もよく目にするようになってきています。インターネットを日常的に利用し、スマホなどでSNSやさまざまなサイトを通じてインターネットやその先の人々と繋がる世代のことを「Connected Generation」などと表現されることもあるようです。

 日本では、「IoT」とひとくくりにされ、業界用語的なキーワードで盛り上がっていますが、英語圏では“Connected X”という言葉でインターネットにつながる何かを表しており、言葉の表現においても日本より少し進んでいる印象があります。

インターネットにつながるモノ

 では、家庭に関係するもので、どんなモノがインターネットにつながるのでしょうか。

 北米では、スマートサーモスタット、IPカメラ、スマート照明器具、スマートロックといったモノが人気でよく売れているようです。それ以外にも、シールなどで簡単に後付け設置できる、ドアの開閉を検知できるドア窓センサーや、人の動きを検知するモーションセンサー、水漏れを検知して知らせる漏水センサー、ガラスが割れたことを検知するセンサーや一酸化炭素を検出するセンサーなども安価でよく見られます。

・スマートサーモスタット

 サーモスタットという用語は、日本ではあまりなじみがありませんが、北米の住宅では、各部屋には個別のエアコンのような後付けで設置する空調家電がついていないことがほとんどです。代わりに「HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning)」という全館空調システムが各住宅に導入され、そこで調整される空気が専用ダクトを通じて部屋に送り込まれることで空調を行っています。

北米で市販されているスマートサーモスタット製品。

 日本でも、ホテルやオフィスでの空調コントロールは、壁に設置されているコントロールパネルのようなもので空調を調整しますが、まさにあのようなコントロールパネルがネットワークにつながり、スマートサーモスタットとして人気を博しています。

 元々、北米ではインターネットにつながるタイプのスマートサーモスタットは2010年頃から緩やかな普及を始めていましたが、2014年にGoogleがNest社を32億ドル(約3200億円!!) で買収したことで話題となり、世に知られるようになりました。買収された当時のNestのCEOトニー・ファデルは、かつてアップルでiPodの開発をけん引、その後、iPhoneのデザインにも関わっていた人物で、そのデザイン性や人工知能の技術などが高く評価を受けたようです。

 Nestをはじめとしたスマートサーモスタットは、スマホから操作できるだけではなく、搭載されるモーションセンサーで人の気配を察知したり、人工知能が生活パターンや好みの温度設定を学習したりすることで、人的操作がなくても自動で快適でエコになるように自律的に動きます。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

次世代のIoTセキュリティ標準として目指すべきものとは何か
大和ハウス、AI・IoT・ロボットを活用した物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」の稼働スタート
IoTがもたらす変革に期待を寄せる一方で8割以上が決断力不足を実感――ガートナーが日本企業のIoT推進を調査
NEC、IoTのエッジやデバイスの不正アクセスを見える化し遮断する「IoT Device Security Manager」を提供開始
マイクロソフト、IoT専用Linux「Azure Sphere OS」を発表
筑波大 立本教授が語る、「エコシステム」の意味とは
フジテックCIOに聞く自社アプリ開発戦略、コミュニティ参加に出張費まで出す理由
IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始
KDDI、スマホアプリとホームIoTを活用した睡眠改善活動の実証実験
コネクテッドデバイスから企業インフラまで次々にセキュリティ新施策を発表 - Microsoft
まるで「iPadのオバケ」──最大310インチ・タッチ無制限のデジタルサイネージをKDDIが提供
ヤマザキマザックの製造業向けIoTで技術支援--ネットワンシステムズ
「月額30円から」LoRaWAN IoT通信サービス、センスウェイが提供開始
IoT人気記事ランキング|トヨタ、ドコモ、マイクロソフトが目指す、ヒトもつながる「コネクティッド」の未来など[4/9-4/15]
オープンイノベーションによる協創をスムーズに進めるためのポイント
スマートフォンによってヒトの生活はどう変わったのか、IoT/AI時代のマーケティングを考える

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。