IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.08.30

北米のスマートホームはIoTをどう使っているのか
サーモスタット、カメラ、照明器具、カギ~すべてをConnect

BY

 類似のキーワードとして、インターネットにつながる車を表現する「Connected Car」、都市を構成するモノがつながることを表現する「Connected City」という用語もよく目にするようになってきています。インターネットを日常的に利用し、スマホなどでSNSやさまざまなサイトを通じてインターネットやその先の人々と繋がる世代のことを「Connected Generation」などと表現されることもあるようです。

 日本では、「IoT」とひとくくりにされ、業界用語的なキーワードで盛り上がっていますが、英語圏では“Connected X”という言葉でインターネットにつながる何かを表しており、言葉の表現においても日本より少し進んでいる印象があります。

インターネットにつながるモノ

 では、家庭に関係するもので、どんなモノがインターネットにつながるのでしょうか。

 北米では、スマートサーモスタット、IPカメラ、スマート照明器具、スマートロックといったモノが人気でよく売れているようです。それ以外にも、シールなどで簡単に後付け設置できる、ドアの開閉を検知できるドア窓センサーや、人の動きを検知するモーションセンサー、水漏れを検知して知らせる漏水センサー、ガラスが割れたことを検知するセンサーや一酸化炭素を検出するセンサーなども安価でよく見られます。

・スマートサーモスタット

 サーモスタットという用語は、日本ではあまりなじみがありませんが、北米の住宅では、各部屋には個別のエアコンのような後付けで設置する空調家電がついていないことがほとんどです。代わりに「HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning)」という全館空調システムが各住宅に導入され、そこで調整される空気が専用ダクトを通じて部屋に送り込まれることで空調を行っています。

北米で市販されているスマートサーモスタット製品。

 日本でも、ホテルやオフィスでの空調コントロールは、壁に設置されているコントロールパネルのようなもので空調を調整しますが、まさにあのようなコントロールパネルがネットワークにつながり、スマートサーモスタットとして人気を博しています。

 元々、北米ではインターネットにつながるタイプのスマートサーモスタットは2010年頃から緩やかな普及を始めていましたが、2014年にGoogleがNest社を32億ドル(約3200億円!!) で買収したことで話題となり、世に知られるようになりました。買収された当時のNestのCEOトニー・ファデルは、かつてアップルでiPodの開発をけん引、その後、iPhoneのデザインにも関わっていた人物で、そのデザイン性や人工知能の技術などが高く評価を受けたようです。

 Nestをはじめとしたスマートサーモスタットは、スマホから操作できるだけではなく、搭載されるモーションセンサーで人の気配を察知したり、人工知能が生活パターンや好みの温度設定を学習したりすることで、人的操作がなくても自動で快適でエコになるように自律的に動きます。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。