(英フィナンシャル・タイムズ紙 2016年7月12日付)

経済危機のベネズエラ、食料不足で抗議デモ相次ぐ

ベネズエラのカラカスで、治安部隊と衝突する、深刻な食料と医薬品不足に抗議するデモの参加者(2016年6月8日撮影)。(c)AFP/RONALDO SCHEMIDT〔AFPBB News

 オマール・トーレスさんは妻と娘たちとともに、コロンビアとベネズエラをつなぐシモン・ボリバル橋を渡ったとき、感動がこみ上げてきた。「コロンビアに入り、ベネズエラにない食糧をやっと買えるんだと思ったとき、泣きそうになりました」と言う。

 トーレス一家は、10日日曜日にコロンビアになだれ込んだ推定3万5000人のベネズエラ人の一員だった。ベネズエラが慢性的な物資不足に苦しむ中、ニコラス・マドゥロ大統領率いるベネズエラ統一社会党(PSUV)政権が14時間に限り、橋を渡ることを許した後のことだ。マドゥロ氏は昨年8月、犯罪と密輸を取り締まることを理由に国境を封鎖した。

 観測筋は今回の一件を、ベネズエラの下方スパイラルを断ち切るために何の対策も講じられない場合に生じる人道危機の前兆と見なしている。コロンビア政府高官らは、推定300万人のコロンビア人が暮らしている隣国で社会の内部崩壊が起きた際に、難民を受け入れる「計画がすでにある」と話している。

 日曜の大量脱出は、7月5日の出来事に続くものだ。少なくとも500人のベネズエラ人女性――キューバの反体制運動に敬意を表し、「平和のシンボル」として白い洋服を身にまとっていた――が国境封鎖を無視し、家族のために生活必需品を見つけようとベネズエラの警備隊を押しのけて国境を突破したのだ。ベネズエラの国境地帯に位置するタチラ州の知事でPSUV所属のホセ・ヴィエルマ・モラ氏は、この行動は「カオス」を生み出すために野党によって指揮されたものだと語った。

 だが、コロンビアのククタ市では日曜、国中から集まったベネズエラ人がスーパーマーケットに押し寄せ、運べるだけのコメと食用油、トウモロコシ粉を買うために、静かに商品をかき集めた。こうした商品は自国で供給が不足しているか、闇商人によって法外な値段で売られているものだ。

「食糧供給の状況が危機的になりつつあり、人口の大部分がとにかく十分な食糧を見つけられていないことを示す指標がいくつもある」。インターナショナル・クライシス・グループのシニアアナリスト、フィル・ガンソン氏(カラカス在勤)はこう話す。