圧倒的シェア、ミンティアの作り込みがすごかった

「最高の味」を目指して今日も試作は続く

2016.03.18(Fri) 三田 宏
筆者プロフィール&コラム概要
個数、金額ともに錠菓市場でトップシェアを誇る「ミンティア」。その強さの秘密とは?

 仕事中に気分をリフレッシュさせたいときや、会議中に眠気に襲われたとき、ミントタブレットを1粒口に放り込むという人は多いのではないだろうか。

 今、日本のミントタブレット市場で最大のシェアを誇っているのがアサヒグループ食品の「ミンティア」である。日本の2015年の錠菓市場規模は約294億円(インテージ調べ)。そのうち「ミンティア」のシェアは金額ベースで54%、個数ベースで67%に達する。圧倒的なトップシェア商品だ。

 現在、アサヒグループ食品が販売しているミンティアは、1996年にポーラフーズから発売された(ポーラフーズは2003年にアサヒフードアンドヘルスケアに統合。2016年より、アサヒフードアンドヘルスケアはアサヒグループ食品の製造子会社となる)。

 当時、日本で強い味のミントタブレットを作っているメーカーはなかった(ちなみに先行商品の「フリスク」はオランダ製)。ポーラフーズは日本メーカーとして初めて本格的ミントタブレットの開発に挑む。それから20年を経て、ミンティアは揺るぎないトップブランドの地位に上りつめた。

 なぜ、ミンティアはゼロの状態からここまで成長することができたのか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

出版社勤務を経てフリーライターに。経済分野を中心に社会問題からエンタテインメント分野までを幅広く取材対象にしている。


マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。