「虫歯になったら治らない」は間違っていた!

誤解だらけの“食と歯”(前篇)

2016.02.12(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 けれども“だらだら食い”をしてしまうと、唾液が中性に戻したそばから、また脱灰が起きることになります。脱灰が起きる時間、つまり食べる回数をなるべく減らし、再石灰化が起きている時間をなるべく増やせば、脱灰のダメージが少なくなるわけです。

――食べるタイミングは脱灰や再石灰化に関わってきますか。

西野 睡眠中は唾液の出る量が少なくなり、なかなか中性になりません。だから寝る前に食べると虫歯になりやすくなるのです。

脱灰と再石灰化のイメージ。赤い面積が増えると脱灰が進み、青い面積が増えると再石灰化が進む(参考:熊谷崇企画・監修『わたしの歯の健康ノート』を参考に筆者作成)
拡大画像表示

虫歯になったら「即、歯医者」は古い常識?

――口の中で唾液を多く出せるとよさそうですね。

西野 ええ。ただし、唾液の量や緩衝能には個人差があります。自分の唾液の緩衝能は、試験紙によるテストなどで測ることができます。測定を実施している歯科医院で行えます。

――手軽に唾液の緩衝能を強くする方法はないのでしょうか。

西野 キシリトールガムを噛むという方法があります。甘味料は入っているのですが、虫歯の原因にならない糖アルコールという種類ですので大丈夫です。奥歯で噛んでいると唾液が出てきます。唾液の量を増やすことで緩衝能を高めるわけです。フィンランドの学校では給食後、子どもたちにキシリトールガムを噛ませています。

――唾液による再石灰化に頼れば、歯医者に行かなくてもよいのでしょうか。

西野 少なくとも「初期虫歯」と呼ばれる、穴のない虫歯の段階では、歯医者に行く必要はありません。いまは学校でも、初期虫歯であれば歯医者での治療を避け、学校の保健指導で再石灰化を促すことになっています。

 かつて、虫歯の診査では、進行度によって「C1、C2、C3、C4」と分類されていました。Cは「虫歯」の意味の「カリエス(Caries)」の頭文字です。「C1」でも歯医者で治療するよう言われていたと思います。

 しかし、1995年から判定法が大きく変わり、「CO(シーオー)とC」という分類になったのです。

「CO」は「カリエス・オブザベーション」つまり「観察」のことで、要観察歯とも呼ばれます。これが初期虫歯に該当します。この段階では、歯の表面が白く濁ることがあります。脱灰でカルシウムやリンが抜けると歯の結晶構造が崩れ、光の屈折率が変わるため、透き通らない感じになるわけです。初期虫歯「CO」は、保健指導の対象です。

 一方、穴がある虫歯は「C」です。児童は学校で「C」と診断された場合だけ、歯医者で再び診査を受けることになります。

 けれども、「穴が空いたら即、歯医者で治療」かというと、私自身はそうは思っていません。それには、いくつかの理由があります。

(後篇へつづく)
 

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。