(2016年1月19日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

道路が突如「D・ボウイ通り」に… ファンの奇抜な追悼が話題 米

1月10日に他界したデビッド・ボウイ〔AFPBB News

 筆者は先週、デビッド・ボウイの訃報に接し、遠い昔にしばらく思いをはせた後、楽観的な気持ちになった。戦争、テロ、相場の暴落といったニュースで新聞が埋め尽くされているこの時期にボウイの曲を聴き、日々の見出しを読んでやたらに慌てる必要はないと思い直した。政治や経済のニュースがどこかに消えてしまった後も、音楽や芸術はずっと残り続けるからだ。

 ボウイの最高傑作は、政治的な状況が悪い時代に生み出された。アルバム「ジギー・スターダスト」(1972年)から「ヒーローズ」(1977年)までの5年間、英国はひどい時期に入っていた。

 テロ、中東戦争、原油価格、(ウガンダからの)難民、「欧州にとどまる」か否かを問う国民投票など、今日の我々にも不思議となじみのある諸問題に直面していたのだ。

 物事をまじめにとらえる、それこそ新聞にコラムを書くような人たちは、そういう問題に頭を悩ませていた。それに比べれば、異性の服を着てロンドンのハマースミス・オデオン*1の舞台に立つロックスターが作る歌など、どうでもいいと思われていたに違いない。

 しかし、今振り返ってみて、当時の英国にあったもののうち、本当の意味で生き残っているのは何だろうか。

1970年代の英国

 ボウイの全盛期は英国のエドワード・ヒース首相の在任期間と重なる部分が大きいが、ヒース元首相の押し殺したような声は、今ではとても遠い昔のもののように聞こえる。当時の政治的議論を丹念に調べるのも、今日では歴史家だけだ。これに対し、ボウイのジギー・スターダストはまだ毎日、世界中でオーディオ機器から流れてくる。そのサウンドは今なお新鮮で、耳にすれば心が躍る。

 ボウイの音楽が生き続けている一方で、当時の政治のニュースはもはや気にもされていないという事実には、ほっとする。ほとんどの人にとって、大抵の場合、政治や経済のニュースは無視しても差し支えないということを思い出させてくれるからだ。

 平時に人の一生を形作るのは、公的な出来事ではなく個人的な出来事である。そして多くの人は、友人や特定の場所、出来事などに関連した音楽や歌を思い出のBGMにしている。今日の西側諸国で活躍する政界や実業界のリーダーのほとんどは、個人的な思い出のサウンドトラックにボウイの楽曲を結構多く採り入れていると見て間違いあるまい。

*1=現在の名称はハマースミス・アポロ