(2016年1月7日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

挑発対応、同盟国守る=水爆実験「確認できず」-米

韓国の首都ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の水爆実験発表のニュースを見る人〔AFPBB News

 初めて水素爆発を起こしたという北朝鮮の主張は全世界で懐疑的に受け止められたものの、北朝鮮の4年ぶりの核実験は、米国と中国双方に多大な圧力をかけることになった。

 6日の実験を受け、オバマ政権は、北朝鮮にとって最も重要な同盟国で経済的な命綱でもある中国に対し、核開発計画を抑えるよう北朝鮮を説得するため行動することをどれほど強く働きかけるべきかというジレンマに直面している。

 そのような努力は米中関係を緊張させる恐れがある。

 一方の中国政府は、核実験で不安を抱いた他の地域大国が結集して米国に接近するのを思いとどまらせるために、どれほどの圧力を北朝鮮にかけるべきか決めなければならない。だが、中国政府は依然、北朝鮮政府を弱らせないことにも心を砕いている。

 「これは中国指導部の間で、北朝鮮は資産よりも、むしろ重荷になりつつあると考える人たちの立場を有利にするだろう」。カーネギー清華グローバル政策センターのポール・ハエンリー氏はこう話す。「中国にとって、これは試金石になる。中国が北朝鮮を見捨てるとは思わないが、中国が行動しなければ、自分たちの利益にならない他国の政策対応に直面するだろう」

「水爆実験」には疑問があるが・・・

 多くの科学者は、6日に実験された装置が水素爆弾だったことへの疑念を示している。水素爆弾は多段階の核融合兵器で、北朝鮮がこれまでに実験した第2次大戦時代の様式の兵器よりはるかに破壊力が大きい(直近の実験は2013年)。

 「2段階水爆実験の爆発規模は、これまでに報道されたものよりずっと大きなものになったはずだ」。ワシントンのシンクタンク、科学国際安全保障研究所のデビッド・オルブライト氏は短い調査報告にこう書いた。「次に、2段階熱融合兵器の開発は非常に難しい。現時点では、これは北朝鮮の能力を超えていると評価されている」