食を楽しむ第一歩は口腔ケアから~口臭の悩みも解消

介護用品と思われていた口腔ケア製品が異例のヒット

2015.12.18(Fri) 堀川 晃菜
筆者プロフィール&コラム概要
自社の口腔ケア製品を前にする和光堂 開発本部 マーケティング部 課長補佐の高橋愛子さん

 食べたら、歯を磨く――。当たり前の何気ない日常の動作が、もしできなくなってしまったら。そこに感じるストレス、そして健康への影響は想像以上に大きいものだろう。

 近年、口腔ケアの需要が高まる背景には、深刻な「誤嚥性肺炎」の問題がある。

うがいや歯磨きで細菌を飲み込んでしまうことも

 肺炎は日本人の死因の第3位を占め、65歳以上の高齢者が97%を占める。そして、高齢者の肺炎の中でも特に多い誤嚥性肺炎は、口腔内で繁殖した細菌が、気管に入り、肺で炎症を起こす。つまり、適切な口腔ケアをすることで、予防することができる肺炎なのだ。

 しかし、その予防ケアをすることは、要介護シニアにおいては決して容易なことではない。特に寝たきりの場合や、認知症の人においては自分で歯を磨くことが困難で、その介助は非常に難しいという。

「介助者が要介護シニアの方の口の中を磨く際は、強すぎては傷つけしますし、優しすぎてもきちんと磨けません。どこまで手を入れていいのか、その感覚が非常に難しい」

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1986年生まれ。東京工業大学 生命理工学部卒、同大学院 生命理工学研究科修了。農薬・種苗メーカーに勤務後、日本科学未来館 科学コミュニケーターとして、食や医療に関する記事を科学誌、新聞等に寄稿。2015年6月よりJBpressの編集に携わる。現在はフリーランス記者。


ヘルシーライフ

経験のない超高齢化社会へと加速していく日本。これからの発展を考える上で、その全ての基盤となる「日本人の健康」は重要性となる。ここでは「健康」について様々な視点で伝えていく。