(2015年9月14日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

南仏保養地のカジノに3人組覆面強盗、散弾銃やなたで武装

ロシア政府の賭けは吉と出るのか(写真はイメージ)〔AFPBB News

 ラスベガス、マカオ、モンテカルロなら分かるが、ウラジオストク?――1カ月足らずのうちに、シベリア遠端の新しい巨大ギャンブル複合施設に最初のカジノがオープンする。

 ウスリー湾を見下ろす丘の上、北朝鮮の国境からわずか200キロほどの場所に「ティグレ・デ・クリスタル」が立っている。

 759台のスロットマシンと数十台のルーレットテーブルを備え、ホテルが併設された複合施設だ。

 同施設は、ロシア極東地域を開発しようとする最近の必死の努力の一環だ。モンゴルの北側の国境地帯からベーリング海峡まで果てしなく広がるロシア極東地域は、資源が豊富だが、人口が乏しく、ロシアの他地域と比べてもインフラがお粗末だ。

 新しいカジノは、この状況を変えてくれることにロシア政府が期待を寄せる数十のプロジェクトの1つだ。他の特区と同様、政府はここでも投資家に、簡素化された承認プロセスと査証(ビザ)の免除、税制優遇措置を提供している。

マカオのカジノ王の賭け

 世界最大のギャンブル界の投資家の1人は、すでに賭けを行った。マカオのカジノ王、ローレンス・ホー氏がティグレ・デ・クリスタルの主要投資家なのだ。

 ホー氏の投資会社サミットアセント・ホールディングス(凱升控股)の財務・戦略担当取締役のエリック・ランドヒール氏は言う。「我々はロシア極東の沿海地方で最大の法人投資家だ。第1段階に5億ドル投資しており、当社の投資額はいずれ9億ドルに達するだろう」

 ヨーロッパ人にとっては、この場所は地の果てのように思えるかもしれないが、賭博業界からすると、カネになるかもしれない。