“モノが売れない時代”と言われる昨今、売上拡大の切り札としてデジタルマーケティングへの期待が高まっている。これは、企業と消費者を結ぶさまざまな顧客接点において、ITにより情報を収集・分析し、販促効果の最大化を目指す手法。SIerとしていち早くデジタルマーケティング市場に参画し、数多くの実績を持つTISが、導入成功のポイントを解説する。
 

デジタルマーケティングが注目されている理由は?

 消費者の購買行動が変化したことで、従来型のオフライン中心のマーケティング手法では、消費者のマインドの変化が捉えにくくなっています。さまざまな顧客接点で情報を収集・分析し、「個」の消費者への販促を実現する仕組みにより、売上拡大の効果が期待できます

TIS 産業事業本部
副本部長 大場 信恒

かつて、消費者と企業を結ぶ接点は、販売店やショールームにおける接客、訪問営業、DMなどオフラインのチャネルが中心でした。しかし、インターネット、スマートフォンの普及により、この状況は大きく変化。商品を購入するまでに、企業サイトで商品情報の閲覧や料金シミュレーションを行ったり、クチコミ情報で利用者の感想を参考にしたりと、オンラインのチャネルを活用する傾向が顕著になっています。

こうして、顧客接点が多様化したことで、従来のように店舗や訪問営業で、消費者のマインドの変化を把握することが困難になっています。そこで、デジタルマーケティングの手法を導入し、販売店舗、ECサイト、訪問営業、コールセンターなど、あらゆる顧客接点において、購買行動や顧客属性の情報を収集。このデータを分析することにより、個々の消費者に合わせた効果的な販促が可能になります。たとえば自動車メーカーでは、消費者が新車購入の際に販売店舗へ足を運ぶ回数が大きく減少したことを受け、サイトやメルマガなどを活用して消費者との関係を深化させる、デジタルマーケティングの取り組みが顕著になっています。

 

なぜSIerのTISがマーケティングを?

 さまざまな顧客接点から情報を収集・分析し、その結果を全社的なマーケティング施策に反映していくには、バックエンドをつなぐSI(システム開発)が必須です。TISは大型基幹系開発の経験を活かし、SIerにしかできない全社統合型のデジタルマーケティングを実現します。

TIS 産業事業本部
デジタルインテグレーション事業部
デジタルインテグレーション第1部
シニアエキスパート 秋野 隆

広告代理店やWebマーケティング会社が得意とする広告・キャンペーンの領域は、あくまでデジタルマーケティングを構成する要素のひとつです。全社規模のデジタルマーケティングを実現するためには、顧客データベースやCRMなど、バックエンドのシステムをつなぐSIが必須。これは、長年にわたって大型基幹システム開発を手がけてきたTISが最もお客様のお役に立てる領域に他なりません。

加えて、TISはいち早くデジタルマーケティングの分野に参画しノウハウを培ってきました。2000年代初頭から、ECや情報産業の大手企業の大規模Webサイト開発を手がけ、お客様とともに行動ログや顧客属性を分析する仕組みづくりを行っています。
この2015年春には、デジタルマーケティングを専門とする150人規模の「デジタルインテグレーション事業部」を組織化しました。アドテクノロジー、マーケティング、ITコンサルティング等の専門スキルを持つ人材を豊富に揃え、お客様の収益を最大化するためのデジタルマーケティングの提案を行っています。