これが「昼食たべて眠くなる」本当の理由

昼食後の眠気、その原因と対策(前篇)

2015.08.14(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 来週はお盆休み明け。再び会社で仕事という人が多いことだろう。朝いつものように出社して、午前中に一仕事。そして昼休み、社食や近くの食堂で昼食をとる。職場に帰ってきて、いざ午後の仕事。

 ところが、だ。午後2時になろうとする頃、それは襲ってくる。「睡魔」だ。

 昼までは感じなかったような眠気が急に来て、予定していた仕事が手につかなくなる。そのような経験をしたことがないだろうか。

「職場で眠るわけにはいかない。けれども眠い。どうしても眠たい」

 仕事の結果に支障をきたさなければ、居眠りしてしまってもいいという考え方もあるだろう。だが、ウトウトしているのを上司や他の社員に見せるのは、やはり心象を悪くするものだ。

 どうして、昼食を食べた後の時間、激しい眠気に襲われるのだろうか。この昼食後の眠気、どうにかならないものだろうか。

 こうした悩みを深刻に抱えている人もいるのではないだろうか。そんな思いを胸に、今回は摂食と睡眠の関係に詳しい金沢大学医薬保健研究域医学系教授の櫻井武氏にこれらの疑問を投げかけてみた。

 櫻井氏は、覚醒や摂食の制御に関わる「オレキシン」という体内物質を発見した人物だ。摂食と睡眠。実は深い両者の関係性を解明しつづけてきた。

  前篇では、「どうして昼食後、眠気に襲われるのか」、この疑問に焦点を絞って、櫻井氏にその要因を尋ねてみる。そして後篇では、実践的に「昼食後の眠気にどう対処すればよいか」を聞き、アドバイスを請うことにしたい。

「とりわけ昼食後に眠気」にも理由あり

――「昼食後、眠気に襲われる」という経験は多くの人がしていると思います。なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。