(2015年8月7日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

現金輸送車から2億円落下・散乱、交通大混乱 香港

ドル高の行方が注目されている〔AFPBB News

 外国の目的地に向かう途中で空港の外貨両替所のブースに並ぶ米国と英国の旅行者にとって、今は幸先のいい時期だ。

 それほど喜べないのは、金の投資家や、鉄鉱石、石油、銅など米ドル建てで価格が設定されているコモディティー(商品)生産国だ。

 やはり圧力がかかっているのは、ドル建て債務を保有する外国人・企業で、彼らは自国通貨が安くなるにつれ、先々の債務返済が膨らむことになる。

 さらに、ドルに対する一定のバンド内で通貨が取引されており、貿易相手国が通貨安で勢いを得ている時に景気減速に悩まされる中国などの国がある。

 身近なところでは、ドル高のために、米国の多国籍企業は今年、1000億ドルの売り上げを逃す見込みだ。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズによると、S&P500株価指数を構成する企業は売り上げの半分近くを外国市場に頼っている。

新興国の債務危機への不安

 ドル高は明らかに金融市場の多くのセクターに問題を突き付ける。そして驚くまでもなく、世界の準備通貨であるドルの一段高は、新興国の債務危機によって定義される大きな金融混乱の火付け役になると不安を抱く人がいる。

 このため、目下の差し迫った問題は、ドルはピークをつけたのか、それとも単に、1970年代前半のブレトンウッズ時代の終焉以降3度目となる大きな上げ相場の初期段階にあるのか、ということになる。