(2015年7月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

ローマ法王、迅速な温暖化対策を呼び掛け 全世界に向け「回勅」

バチカンのサンピエトロ広場で行われた一般謁見の終わりに、集まった人々にあいさつするローマ・カトリック教会のフランシスコ法王〔AFPBB News

 ローマ法王フランシスコが2013年にカトリック教会のトップに選出された時、米国のカトリック教徒の間では、新法王の謙虚なスタイルや改革志向の計画、新大陸のルーツが米国における教会の命運を復活させるかもしれないとの期待が沸き起こった。

 だが、それから2年以上経った今、9月の法王訪米を前に、米国人、特に保守派が78歳のアルゼンチン人法王に対して冷たくなったように見える。

 米ギャラップの調査では、米国人の間で法王を好意的に見ている人の割合が2014年2月の76%から59%に低下した。これは前法王のベネディクト16世を概ね上回っているが、ヨハネ・パウロ2世が法王在任中にほぼ一貫して記録していた水準を下回る。

 この明らかな幻滅感は、グローバル資本主義に対する法王フランシスコの批判がここ数カ月でエスカレートした後に生じたものだ。法王は今月の中南米訪問で、縛りのない自由市場を「悪魔の糞」「狡猾な独裁」と呼び、先月の回勅(かいちょく)――ローマ法王の教えの中で最も重要な形式――では、自然を略奪しているとして大企業を非難した。

米国は特に厳しい観衆

 また、気候変動に対する行動を呼びかける法王の訴えは、地球温暖化を裏付ける科学にまだ疑問を抱いている共和党の政治家にとって厄介だ。

 「法王のメッセージにとって、米国が特に厳しい観衆であることは間違いない」。ボストンに本拠を置くカトリック系ウェブサイト、クラックスのジョン・アレン副編集長はこう言う。

 「ある意味で、彼はとにかく我々の法王ではないという認識がある・・・反資本主義がどうこうというだけでなく、中心よりも周縁を持ち上げる法王の意欲の問題もある。大半の基準で我々(米国)は中心だ」