(2015年6月9日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

欧州はギリシャのユーロ圏離脱と英国のEU離脱の可能性に揺れている (c) Can Stock Photo

 当人たちはこの比較をありがたいとは思わないだろうが、ギリシャのアレクシス・チプラス首相と英国のデビッド・キャメロン首相は非常によく似た状況に置かれている。

 どちらの首相も、自国と欧州連合(EU)との関係を変えるよう求める権能を国民から民主的に託されたと言っている。

 どちらの首相も、他の欧州諸国はギリシャのユーロ圏離脱や英国のEU離脱というリスクを冒すことはせず、自分たちの要求をのんでくれるだろうと読んでいる。

 しかし、チプラス氏もキャメロン氏も欧州諸国の反発に直面しており、下手をすると、2人がぜひとも避けたいと思っている事態――「Grexit(グレグジット)」と「Brexit(ブレグジット)」――に至りかねない。

 ギリシャも英国も、自国の総選挙の結果を根拠とする主張が28カ国から成るEUで通用するのには限界があることを思い知らされた。自分は欧州に改革を求める権能を民主的に託されたとチプラス氏が述べた時、ドイツのヴォルフガング・ショイブレ財務相は「私だって選挙で選ばれている」と応じたと言われている。

大きく、複雑になり過ぎたEU

 しかし、欧州を変えることの難しさは、自国民から民主的に託された権能の衝突を超えたところにある。この難しさは、EUの規模と法的な複雑さに由来する。組織としてあまりにも大きく、かつ複雑になってしまったために、抜本的な変化などほとんど考えられなくなってしまっているのだ。

 英国によれば、移民の問題や自国の議会の権利の問題などについて英国が望んでいる変化を欧州で実現させるには、条約の改定が必要になるという。つまり、EUの基礎を成す法律文書に変更を加えるということだ。