(英エコノミスト誌 2015年5月30日号)

中国が海軍国、空軍国としての権利を主張し、米国がそれに反応するに従って、対立のリスクが高まっている。

米軍偵察機「追い払った」、中国が勝利宣言 南シナ海の人工島問題

米軍の偵察機が捉えた、中国が南シナ海で建設を進めている人工島の空撮映像(c)AFP/AFP TV/US NAVY〔AFPBB News

 米国の当局者は、中国に我慢できなくなっている。ジョー・バイデン副大統領は5月22日、無遠慮だった。バイデン氏は、海軍兵学校の卒業生らに対し、大国間に「新たな断層線」が生じていると警告した。中国は、係争中の岩礁の上で「大規模」に土地を埋め立てることで、南シナ海における航行の自由に挑戦していると述べた。

 米国はその2日前、中国が滑走路を建設している岩礁の近くに偵察機を飛ばすことで、自国の苛立ちを示す合図を送った。

 そうした隠密飛行はよくあることだが、今回は違った。

 偵察機はCNNの取材班を同乗させ、その取材班が、中国海軍が無線通信を通じて英語で発信した、憤慨した反応を放送したのだ。「判断ミスを避けるために、直ちに退去せよ」という内容だ。

「このままでは戦争は不可避」

 中国の当局者と国営メディアは、米国の口頭での攻撃(中国の浚渫船によって海底から砂が吸い上げられ、建設中の島にまかれる様子をCNNが映した、ファイアリークロス礁上空の偵察飛行任務の劇的な映像によって強く印象づけられた)に腹立たしげに反応した。

 中国外務省の女性報道官は5月25日、米国に「挑発的な行為」をやめるよう求めた。強硬な意見で知られる中国国営英字紙「環球時報」は、米国が島の建設について苦情を言い続けるのであれば、戦争は「避けられない」と述べた。共産党の主要機関紙「人民日報」は5月24日、「他者を傷つける」者は「自分を傷つける結果」になりかねないと米国に警告した。