(2015年6月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

韓国の現代自動車の販売不振に投資家が懸念を募らせている(写真:Hyundai Motor America)

 現代自動車の株価が10%急落した。円安と、セダンへの大きな依存が世界での自動車販売を圧迫し、同社のコーポレートガバナンス(企業統治)に対する投資家の懸念に追い討ちをかけた。

 韓国最大の自動車メーカーである現代自動車の株価は2日、終値ベースで2010年9月以来の最安値を記録した。ベンチマークの韓国総合株価指数(KOSPI)の下げ幅が1.1%だったのに対し、現代自動車系列の起亜自動車は4.1%、部品メーカーの現代モービスは8.5%下落した。

 株価急落は、現代自動車が5月の自動車販売台数が前年同月比で6.4%減少したと発表した翌日に起きた。販売不振は、円安――対ドルの円相場は過去12年以上なかった最安値をつけている――が海外における現代自動車の価格競争力を弱める恐れがあるとの投資家の懸念を強めた。

 現代自動車は今年、業界の出遅れ組となっている。円安が日本のライバル企業に利益をもたらす一方で、同社が拡大するSUV(スポーツ用多目的車)需要に応えるのに苦労しているためだ。現代自動車は最近、SUV「ツーソン」の新型車を発売したが、依然セダン車に大きく依存している。

不利な為替環境と製品構成のミスマッチ

 「不利な為替環境と会社の製品構成と市場の需要とのミスマッチを念頭に入れると、現代自動車の販売は今年いっぱい低迷する可能性が高い」。韓国投資証券(KIS)のアナリスト、キム・ジンウ氏はこう語る。

 現代自動車の純利益は今年1~3月期に5四半期連続で減少した。円とユーロの下落に加え、ロシアやブラジルといった新興国の通貨の急落が響いた。同社は車の85%以上を韓国外で販売している。

 今年は現代自動車にとって最大の輸出市場である中国でも販売台数が減少した。SUVの需要が急増する中で中国の地元競合企業が市場シェアを拡大する一方、米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)など外国のライバル企業が値下げ攻勢に出ているからだ。

 韓国内では、現代自動車の販売台数は先月8.2%減少した。米国および欧州連合(EU)との貿易協定締結を受け、人気が高まっている輸入車に押された格好だ。