(2015年5月26日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

5月24日に行われた大統領選挙で保守強硬派のアンジェイ・ドゥダ氏が勝利を収め、ポーランド政界に激震が走っている(写真はポーランドの首都ワルシャワの大統領宮殿©Can Stock Photo Inc./tupungato)

 ポーランドの国旗を振りながら自分の名前を連呼する大勢の支持者の前に立ったアンジェィ・ドゥダ氏は、大統領選挙での素晴らしい勝利はポーランドの政界に劇的な変化をもたらすと断言した。

 「私に投票してくれた人は皆、変化に一票を投じた」

 右派政党「法と正義」にとって10年ぶりとなる国政選挙での勝利を決めた後、ドゥダ氏はこう語り、「今日から、私たちはポーランドを変えることができる」と付け加えた。

 社会的保守主義を掲げる欧州懐疑派でナショナリストでもある同党から立候補したドゥダ氏が、政府の支持を得た現職のブロニスワフ・コモロフスキ大統領を大統領官邸から追い出したことは、ポーランドの政治が大きく右傾化したことを示している。

 ポーランド政界の体制派には衝撃が走っており、今年10月に予定されている議会選挙では8年ぶりの政権交代が起こる可能性もある。

体制派の若者と保守派の年金生活者の支持獲得

 不安を感じている反体制派の若者と保守派の年金生活者の両方から支持を得てドゥダ氏が勝利するという展開は、つい2~3カ月前までは考えられないことだった。国内に与党「市民プラットフォーム」を拒絶する動きが強く、かつ大きく広がっている格好だ。

 経済的繁栄と政治的安定を何年も実現してきたにもかかわらず、市民プラットフォームはわずか5カ月後の議会選挙で与党の座を追われる恐れに直面している。そしてこの変動は、欧州連合(EU)に対するポーランドの態度、ポーランド政府とドイツ政府との関係、そしてポーランドの財政改革という3点で大きな変化につながる可能性を秘めている。