(2015年5月25日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

イエレンFRB新議長が就任宣誓

ジャネット・イエレンFRB議長〔AFPBB News

 来るべき米国の金利の転換点は、幾多の金利サイクルでも最も情報が発信されているものかもしれない。だが、考えを明確にしようとするジャネット・イエレン米連邦準備理事会(FRB)の懸命の努力にもかかわらず、米国経済の見通しは視界不良で曇ったままだ。

 イエレン議長は先週、第1四半期の米国経済の成長急減速にもかかわらず、FRBは依然、今年中に――もしかしたら9月に――金利を引き上げる可能性が高いと述べた。

 一連の厳しい冬など、何らかの理由で、毎年1~3月期は他の四半期のパフォーマンスを下回る傾向がある。大幅に下回ることも多い。

 米国経済は2014年第1四半期に年率で2.9%縮小したが、結局、その後の3四半期に回復を遂げることになった。願わくば、今年第1四半期の0.2%という弱々しい成長も同じにようにミスリーディングだったという結果になればいいのだが。

当てにならない予想

 だが、仮定をするのは賢明ではない。2015年が年初と同じ状態で暮れ、米国の金利がゼロのままで終わる可能性は十分ある。

 イエレン議長は次のように指摘している。「長年、経済予測を行ってきた経験に基づくと、私が書くどんな具体的な予測も間違いだったことが判明し、もしかしたら大間違いとなることを確約できる」