(2015年5月21日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

東南アジアで横行するロヒンギャ人らの人身売買

ロヒンギャ族の難民を乗せ、タイのリペ島沖を漂流していた船〔AFPBB News

 1939年5月13日、ドイツの外洋船セントルイス号がハンブルクを出帆した。乗っていたのは、欧州で勢いを増す抑圧から逃れようとする915人のユダヤ人難民だ。豪華客船ではダンスやコンサートが繰り広げられ、寛大な船長は乗客たちがアドルフ・ヒトラーの胸像にテーブルクロスをかぶせるのを許した。

 2週間後、セントルイス号はハバナにいかりを下ろし、キューバのビザを買っていた乗客が確信していた温かい歓迎を待った。

 ところが、そうはならなかった。キューバ当局は彼らを追い返し、その後、米国、カナダ当局も追い払った。

 セントルイス号は欧州に戻ることを余儀なくされた。推定で乗客の4分の1が結局、ナチスの強制収容所で死んだ。

 セントルイス号の物語は、我々の先祖の恥ずべき罪として語り継がれている。だが、それから75年後、まさに同じくらい醜悪なことがアンダマン海の紺碧の海で起きている(地中海で起きていることは言うまでもない)。

入国を拒否され海上で漂流

 この数週間で少なくとも6000人の難民がタイ、マレーシア、インドネシアに入国を拒否され、海で漂流している。国連によれば、今年、およそ300人が命を落とした。彼らは脱水症状を起こし、やせ衰え、絶望的になっており、事態が急変しない限り、もっと多くの命が失われることになる。

 難民の大半を占めるロヒンギャ族にとっては、欧州におけるユダヤ人の扱いと似たところがある。多くの人は、強制収容所になぞらえられる難民収容所から逃げ出している。彼らはミャンマーとバングラデシュのイスラム教徒のマイノリティーだ。